ニュース
» 2020年09月06日 09時00分 公開

1人でとしまえんの回転木馬に乗っていた父 冬の「としまえん」の思い出を振り返る漫画にほっこり

冬のとしまえん、一度行ってみたかった。

[宮原れい,ねとらぼ]

 8月31日に閉園となった東京都練馬区の遊園地「としまえん」の思い出を振り返る漫画が笑えてほっこりするとTwitterで話題になっています


としまえん 大好き 父 思い出 エッセイ 漫画 冬のとしまえんでの思い出です


 94年間という長い歴史を持った遊園地の閉園。ネットではさまざまな「としまえん」の楽しい思い出を語る声が上がりましたが、投稿者のらつた(@ratuta)さんが今回振り返るのは十数年前、当時貸し切り状態だった冬のとしまえんです。

 すぐ近くに住んでいたこともあり、よく散歩がてら園内を散策していたというらつたさん。すると、寒い時期にもかかわらず「フリュームライド(※)」に乗る男性を発見。ふと、同アトラクションの落下する瞬間を撮影したフォトコーナーを見ると、写っていたのは、らつたさんのお父さん。しかも何度も乗っているようで、モニター全部がお父さんで埋まっていたのでした。もはやお父さん専用フォトコーナーになってる!

※丸太型の船で水路を流れて落下したりする、夏に人気の乗り物


としまえん 大好き 父 思い出 エッセイ 漫画 当時あったフリュームライドのフォトコーナーを見ると……

としまえん 大好き 父 思い出 エッセイ 漫画 めちゃくちゃ乗ってる!

 また別の日の散策では、としまえんのシンボルで、世界最古級の回転木馬として有名なアトラクション「カルーセルエルドラド」の前にやってきます。「あれ? 誰もいないのに動いてる……」とらつたさんが不思議そうに見ていると、実際には1人、乗っている人がいることに気が付くのでした。そしてやはりそれは、らつたさんのお父さん! こちらに気付いたように手を振る姿がとっても楽しそうで、その姿を見ているだけでこちらも笑顔になれそうです。


としまえん 大好き 父 思い出 エッセイ 漫画 動いているカルーセルエルドラド。誰も乗っていないと思ったら……

としまえん 大好き 父 思い出 エッセイ 漫画 すごく楽しそう!

 漫画の最後には「父は本当にとしまえんが大好きでした」と語られ、それはもちろん散策に来ていたらつたさんも同じです。ツイートでは「としまえんの思い出はありすぎてかききれませんでした」とあるように、幼い頃から慣れ親しんだ同園での楽しい記憶はたくさんあるようで、今回描かれたようにあまり人けのない時期のエピソードがあることからもそれは伝わってきます。

 コメントでは楽しそうなお父さんの姿に「笑った」「ほんわかしました!」と、ステキな思い出の共有に笑顔になった人の声が寄せられ、「フリュームライド好きだったなぁ」「私も幼い頃から遠足や子ども会などでよく行きました!」と同じく当時を振り返る声も。またそんな思い出の地がなくなってしまうことに「笑いながらも、ちょっと涙出る」「泣ける……」と切なくなる声も上がっています。

 らつたさんは他にも「10年くらい前に描いたとしまえん漫画」を公開。かわいらしいきょうだいのキャラクターがとしまえんに電車で向かうまでの、ほのぼのとした展開に和むステキな作品となっています。



画像提供:らつた(@ratuta)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.