ニュース
» 2020年09月07日 07時00分 公開

蚊・ヒグマ・ハブ……危険生物がカプセルトイになった「危険生物大百科」に新作登場

ハブのフィギュアでは、口内に付属のネズミを入れて遊べます。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 タカラトミーアーツの遊べるフィギュア「危険生物大百科」に、「蚊」「ヒグマ」「ハブ」が新登場します。10月上旬発売で、価格は1回300円(税込)。

photo 10月に新しく登場する「危険生物大百科」

 「危険生物大百科」シリーズ(関連記事)は、人に危害を加える危険な生物をモチーフにしたカプセルトイ。

 迫力の造形だけでなく、実際に可動するのも魅力。蚊であれば頭や羽を動かせますし、ヒグマは口を開けて立たせることができます。

photo 夏の風物詩である「蚊」
photo 手に乗せても面白そう
photo ヒグマ
photo 足を動かして直立させられます
photo ハブ

 さらにハブのフィギュアには小さいネズミが付属。ハブの口を開け、ネズミを口内に入れて遊べます。

 サイズは45ミリから65ミリ。蚊は65ミリのドで蚊いサイズで、誰かを驚かせるのに使えそう?

photo ネズミを口の中に入れた時の様子


※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.