ニュース
» 2020年09月07日 20時20分 公開

「はんこってなんで押さなきゃいけないの?」 小学生の自由研究がガチすぎて「その辺の卒論超えてる」「将来有望」(1/2 ページ)

「図書館を使った調べる学習コンクール」入賞作品。

[福田瑠千代ねとらぼ]

 「はんこってなんで押さなきゃいけないの?」という身近な疑問を調べてみた、ある小学4年生の自由研究がどう見ても自由研究のレベルを超えていると注目を集めています。

 話題になっているのは「第23回 図書館を使った調べる学習コンクール」の文部科学大臣賞 入賞作。50ページ超に及ぶ大作で、Web上で全ページ閲覧できることから、一躍SNSで脚光を浴びました。



 はんこといえば大人の利用シーンを思い浮かべそうですが、「親のはんこをもらい忘れるとプールに入れない」など、案外小学校生活においても重要な役割があったりします。その絶大な効力の背景に興味を持ったというこの小学生は、日本のはんこ文化について調べてみることに。

 普通ならインターネットで少々検索して満足してしまいそうですが、この自由研究はなかなか大掛かり。まずは「はんこ」という言葉に着目し、例えば「印鑑」との違いについて「予想を立てる」→「調べる」→「結論」といった流れで調査を進めていきます。こうして導き出される情報は、大人が読んでもなるほどとうなるものばかり。

 調査前は「『はんこ』をていねいにした言葉が『印鑑』だと思う」という予想でしたが、調べてみると、「はんこ(=印章)」とは物体としてのはんこそのものを指し、「印鑑」とは正式には役所に登録したはんこの印影(はんこを押した跡)のことを指すことが分かりました。

 この「予想」→「調査」→「結論」の過程の積み重ねにより、研究範囲は“はんこができる道のり”“はんこの書体”“はんこはいつからあったのか?”“他の国には、はんこはあるのかな?”といった具合に、どんどん多岐にわたっていきます。

 調査の手法もネットでの検索に頼りすぎず、複数の図書館での資料収集や、周囲へのアンケート調査、印章業界での最高資格「一等印刻師」が勤めるはんこ屋さんでのインタビューなど、手間暇をかけたガチ研究が続きます。

 圧巻なのが、現代にはんこ文化が残っているのが「日本と台湾のみ」ということを突き止めてから。台湾やその他の国ではんこ文化が根付いた/根付かなかった理由を調べつつも、「日本と台湾は取り残されていないのかな?」と問題提起をします。

 日本でのはんこ撤廃には大規模な法改正が必要であることや、「はんこ文化をなくすとこまる人たち」がいることが分かると、そこでなんと、「実際のはんこ職人の意見が聞きたい」と、前述した一等印刻師に再び取材を申し込みます。取材相手の職業存続に関わる問題のため、質問を真っすぐにぶつけるのはそれなりに勇気が必要だったと思われますが、ここでも当事者の貴重な意見を引き出しています。

 はんこの文化的側面やメリットをこれでもかと調べた上で、あらためてその存在意義を問い直す柔軟な視点には驚かされます。調査の手法や、参考文献、協力者の情報もきっちりと明記しており、Twitter上では「この自由研究すごすぎない?」「その辺の卒論を超えている」「将来有望すぎる」「親の顔が見たい(いい意味で)」と、読みやすく奥深い内容に絶賛が相次ぎました。


いろいろな受賞作/次回コンクールの募集も

 図書館振興財団の公式サイトでは、この他にも多数の入選作を公開中。「捕鯨は是か?非か?〜商業捕鯨を再開した今、鯨との共生を考える〜」「鳥の目の骨は何の為にあるのか? 〜ほ乳類にはない目の不思議〜」「虫ごはん〜2019なつわたしはセミをたべた〜」などなど、多彩な自由研究に触れることができます。

 同財団では「第24回」コンクールの自由研究募集も控えています。募集期間は9月14日から10月5日まで(※17時30分 図書館振興財団必着)。小・中・高校生の部のほか、「大人の部」や「子どもと大人の部」といった部門もあり、幅広い年代の自由研究を受け付けます。自信ありという人は、ぜひ応募してみましょう。

【追記】図書館振興財団からの画像提供期間が終了したため、記事上の画像を削除しました(2021年3月31日)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  4. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  5. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  6. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news095.jpg 韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」