ニュース
» 2020年09月07日 17時00分 公開

メルカリ、リコール品の出品者・購入者を特定してリコール情報通知するプログラム開始

メルカリが「リコール品プログラム」を開始します。

[ねとらぼ]

 メルカリは、製造・輸入事業者等と製品情報をデータ連携し、リコール品(欠陥などにより販売停止・回収などが行われる製品)の出品者や購入者を特定してリコール情報を届ける「リコール品プログラム」を開始します

メルカリ リコール リコール品プログラム

 このプログラムでは、メルカリは製造・輸入事業者等からあらかじめ製品に関する情報の提供を受け、ユーザーがこの製品情報を利用して出品できるようにします。リコールが発生した場合、製品情報を利用して出品をされた商品の中から当該商品の出品者・購入者を特定。特定したユーザーに対しては、アプリ内の「お知らせ」からリコール情報を通知します。

 現在同社はプログラムの利用を希望する製造・輸入事業者等からフォームで申し込みを受け付けています。

メルカリ リコール 仕組み

 こうした取り組みは、2020年6月1日に経済産業省の「インターネット取引における製品安全に関する検討会」で取りまとめられた「インターネット取引における製品安全に関する提言」で、モール運営事業者に期待されるものの1つとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.