連載
» 2020年09月07日 18時30分 公開

虐待を受け、殺したいほど憎んでいる母親を介護する相談者「どこかでまだ認めてもらいたいと思っている」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (1/2)

人の気持ちって、なかなか整理がつかないもの……。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは9月1日(火)放送の今井通子パーソナリティー回。

 虐待を受け続けてきた母親や兄に対する“怒りの感情”をどうしたらいいのかという相談。

テレフォン人生相談

この家に女はふたりいらない!

 相談者は54歳(離婚歴あり)。夫54歳。息子中2。父91歳。母92歳。兄62歳。

 「親と兄から虐待を受けて生きてきまして、今の主人と結婚しましたら、とても心が健康的な人だったものですから、わけが分からなくなってしまいました」

 「どんな虐待を受けてきたんですか?」

 父親が3交代シフト制の仕事だったため、父親がいるときにはみんなで一緒に食事をとっていたものの、いないと一切食事を与えられなかったという。

 「『お兄ちゃんと私(母親)が食べるのを正座して見ていなさい』と。それが夕〜朝と続きまして。あとは、湯を沸かすガスで手をあぶって火傷(やけど)もしました。そういうことが日常的にありました。お風呂にも入らせてもらえませんでした」

 母親は、兄のことは非常にかわいがっていたというが、相談者に対しては「この家に女はふたりいらない」「もう少しお前がブサイクだったらご飯をあげてもよかった」「アナタは女の子なのよ、死になさい」などと言われていたという。娘に嫉妬し、敵意を向けるタイプの母親だったのだろう。

 ところで、こんな状況に父親は気付いていなかったのだろうか。一度、こんなことがあったという。

 「『なぜそんなにいじめるんだ』と父が母に言いまして、で、母が無言で。母を父が殴りまして、そのまま飲みに出ちゃうような人だったんですよ。逃げる父親だったんです、現実から」

 当然、中途半端に父親が相談者をかばうことで、母親の嫉妬心はますます燃え上がってしまう。

 「小学校に上がって、母は背が低い人だったので、だんだん背が近づいてくると、今度は兄も参戦しまして。兄と母で殴る蹴るをされました」

 さらにカセットテープでその様子を録音し、暴行を終えた後、ふたりで笑いながら聞いていたんだとか。母と兄……ちょっとヤバすぎない!?

 「それでもお母さんに振り向いて欲しくて、でも振り向いてくれなかったので、21の時に20歳年上の人を連れていって『結婚します』と言ったら『どうぞ』って言われて」

 母親の気を引くため、当てつけのように結婚したものの、3カ月で離婚。その後、今の夫と出会ったようだが、この夫はすごくいい人そうだ。

 「『イヤなことはイヤだって言っていいんだよ』と言われた時に、『え、こういう生き方ってあるんだ』と思ったらわけが分からなくなってしまいました」

 今の夫と結婚したことで幸せになったのかと思いきや、まだまだ不幸からは逃げられない。その頃から両親が金の無心をしてくるようになったのだ。

 そんな状況を救ってくれたのも夫だった。

 「『金のことで文句を言うつもりはないが、イヤなことはイヤだと言え。戸籍上の縁が切れないなら、事実上もう会いたくないと言え』と背中を押してくれました」

 両親からの金の無心を断り、事実上縁が切れた形となったが、そんな相談者について兄は『(相談者が)占いにハマっておかしくなった』と親戚中に言いふらしていたという。

 「ホントに、孤立無援になりました」

 「まあでもご主人とは変わりなくでしょ?」

 「ええ、すごく大事にしてくれます」

 そんな親や兄、親戚連中と縁が切れてむしろよかったんじゃないかと思うが……。しかしまだまだ相談者は不幸から逃れられない。

 「両親の介護がはじまって、近くにいる私が在宅で看る形を取りました」

 「『取らされました』じゃなくて?」

 「父が死んだ時に後悔したくないって思いが先立ちました。きっと無視をしていたら私の性格だったら、悶え死ぬような苦しみを味わうだろうなと思って」

 最近になってようやく施設に入れることができたものの、自宅介護の時よりも負担が大きくなっているという。

テレフォン人生相談

 今井がここまで聞いて、「もう後ろを振り向かず、ご主人と一緒に行った方がいいような気がしてるんじゃないかと思うんだけど」と返す。

 「そうしたいんです。したいの……したい……」

 「だけど、反対の方にも引っ張られちゃうわけですよね」

 「この感情の整理をして、“怒りの感情”じゃなく生きていきたい。毎日苦しいので」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」