ニュース
» 2020年09月30日 18時30分 公開

【装丁にこだわりまくった同人誌】メフィスト評論賞受賞者が“古き良き文芸誌メフィスト”を二次創作した『幻影復興 -メフィスト・リブート-』

掲載作品ではなく、雑誌そのものを二次創作。

[ねとらぼ]

 同人誌制作者さんに作品へのこだわり、思い入れなどを伺う読者応募企画「装丁にこだわりまくった同人誌、教えてください」。今回は「講談社の文芸誌『メフィスト』自体の二次創作を行い、作家・清涼院流水さんへのインタビューまで掲載した同人誌」のお話を伺いました。

本物と並べてみるとこんな感じ
ちなみに、メフィストのバックナンバーは全て所有しているそうです

『幻影復興 -メフィスト・リブート-』

  • サークル名:騙り部(BOOTH:坂嶋販売所
  • 代表:坂嶋竜(Twitter:@wonde_RS
  • イベント参加予定:2021年6月21日 第6回文学フリマ岩手
  • WEB本の雑誌内の「横丁カフェ」コーナーにて書評を連載中

『幻影復興 -メフィスト・リブート-』

 「騙り部」というサークルを主催している坂嶋と言います。2019年、メフィスト誌上で募集、発表されたメフィスト評論賞で法月賞を受賞しました

 その3年前にあたる2016年、同誌が当初の装丁からリニューアルしたり、電子書籍化により店頭から消えてしまったりという流れのなかで、古き良きメフィストをよみがえらせたいとの気持ちから、『幻影復興 -メフィスト・リブート-』という同人誌を作りました。

 かつてメフィストや講談社ノベルスなどの装丁をしていた辰巳四郎氏のデザインを継承し、金色のオブジェを中心に、不安げな写真を合成したバック、という表紙にしました。本家同様、本文は雑誌の安っぽい紙を選び、目次などのデザインも本家を意識しています。

『幻影復興 -メフィスト・リブート-』目次

―― そのような同人誌をつくることになったきっかけは?

 僕は中二のとき(1997)、清涼院流水『ジョーカー』を手にして講談社ノベルスを知り、そこからメフィスト賞作家→メフィストという流れで読み進めていきました。メフィスト賞受賞作はほぼ全て読みましたし、メフィスト賞自体のファンサイトを運営していたこともあります。

 たしか2004年くらいから「メフィストのバックナンバーをぜんぶ集められたら、まとめた同人誌を作ってみたい」と思うようになりました(2002年から文フリが始まったおかげで同人誌が身近になった記憶があります)。ただ、古い雑誌を集めるのにはどうしても時間がかかり、最後の1冊(最初の号)が手に入ったのは2014年でした。古本屋をされている第44回メフィスト賞受賞者・丸山天寿さんから購入しました。

 コンプ直後は「そのうちメフィストの同人誌を作っても良いな」くらいの気分でした。実現には、清涼院流水さんが関わってきます。

 流水さんとの縁はけっこう古く、1999年にアンケートはがきを送ったら年賀状が届いたことから始まり、2000年度は2カ月に一度、手紙のやりとりをしていました。初めてお会いしたのは僕が修学旅行で京都に行った2000年12月。

 次にお会いしたのは2006年。筑波大学ミステリー研究会設立10周年記念として「デビュー10周年の作家にインタビューをしよう」という話になり、森博嗣さんや貴志祐介さん、そして清涼院流水さんにインタビューをしました。

 それがあったので、2016年には流水さんのデビュー20周年をどうにかして盛り上げたいと思ったのですが、大学は出たのでミス研としてはできない→それなら新しくサークルを立ち上げ、メフィストに関する同人誌を作ろう、と思い立ったわけです。「清涼院流水デビュー20周年特集」としてインタビュー記事のほか、昔の出来事を扱った4コマ漫画などを掲載しました。

 ただ、その頃になると僕自身はメフィストの方向性に違和感を覚えていて、90年代後半から2000年代に感じていたわくわく感を同人誌として表現したいと思いました。

―― その時代にあった、わくわく感とは?

 幼いときの方が読む小説を新鮮に感じられた、というのもあるかもしれませんが、振り返ってみると、収録内容の傾向が変わってきたのが理由かな、と思います。

 まず4コママンガや評論が消えていきました。また、ほぼ毎号巻頭に西尾維新の長編が載るようになり、とんがったミステリ、伝奇や歴史物は消えていきました。その流れの中で“どんな作品が載るか分からない”という感覚はなくなったように思います。

 それで、装丁からもあの感覚を思い出してほしいということで、『幻影復興 -メフィスト・リブート-』では当時のデザインを真似ることにした―― というのが装丁を似せた経緯でしょうか。

本企画では取材させていただける方を常時募集しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/27/news058.jpg みちょぱ、恋人・大倉士門とのラブラブムービーに大反響 “公開イチャイチャ”に「本当お似合い」「夫婦にしか見えない」
  3. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. /nl/articles/2111/27/news054.jpg MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの16歳次男と親子初共演 「パパに似てる」「美男美女」と“美形ファミリー”に反響
  5. /nl/articles/2111/27/news051.jpg 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  6. /nl/articles/2111/27/news041.jpg さだまさし、友人・平原まことさんの逝去に悲痛の思い 「綾ちゃん、がんばれ!」と娘・平原綾香にエールも
  7. /nl/articles/2111/27/news064.jpg お父さんめっちゃパンクだな! SUMIRE、父・浅野忠信の誕生日祝いに幼少期の貴重な2ショットを公開
  8. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  9. /nl/articles/2111/27/news028.jpg 飼い主に遊んでほしい猫ちゃん、胸キュン必至なおねだりを見せ…… 甘えん坊な元保護猫が最高にかわいい
  10. /nl/articles/2105/19/news041.jpg 【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」