ニュース
» 2020年09月08日 18時30分 公開

誹謗中傷ホットラインが開設から2カ月の活動報告を公開 削除要請したサイトは「匿名掲示板」が最多

実在の個人を特定できるかどうかがポイントとなるようです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 セーファーインターネット協会が、2020年6月29日に開設した「誹謗(ひぼう)中傷ホットライン」の活動報告を公開しました。約2カ月で寄せられた相談は498件で、相談者数は277人となっています。


セーファーインターネット協会 誹謗中傷ホットライン 活動報告 削除要請 匿名掲示板 誹謗中傷ホットラインについて(以下、画像は活動報告から)

セーファーインターネット協会 誹謗中傷ホットライン 活動報告 削除要請 匿名掲示板

セーファーインターネット協会 誹謗中傷ホットライン 活動報告 削除要請 匿名掲示板

セーファーインターネット協会 誹謗中傷ホットライン 活動報告 削除要請 匿名掲示板

 今回の活動報告によると、498件の相談のうち特定誹謗中傷情報に該当すると判断されたのは、2割の102件。非該当の主な理由としては、ハンドルネーム等で「実在の個人が特定できない」が半数でした。

 削除率は3割で、削除要請したサイトは「匿名掲示板」が最多。削除要請の件数は90件で、削除件数は34件、削除率は37.8%でした。相談内容傾向としては、個人商店や学校、SNSといった地域やオンライン上の特定コミュニティに属する人に対する相談が多かったということです。また、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連する誹謗中傷の相談も4件あったとのこと。

 誹謗中傷ホットラインは、インターネット上で誹謗中傷を受けている被害者がメールで相談することによって、プロバイダーへ削除の申請を代行するもの。立場の弱い私人や個人商店等が対象で、被害者が児童・生徒の場合には保護者や学校関係者からの相談も受け付けます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」