ニュース
» 2020年09月09日 20時00分 公開

「大崎ってなにもない」「大崎止まりの山手線はいらない」…… JR大崎駅に悲しみを一人で背負いすぎてしまった新キャラ誕生 (1/2)

「大崎止まりいらんとか言ってごめんね……」。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 東京・山手線のJR大崎駅に掲出された、かわいいけれどなぜか悲しい気分になるポスターが話題になっています。

大崎駅 おうさき ポスター 大崎駅に新しいオリジナルキャラクターが登場 ……あ、あれ?(撮影:大泉勝彦、以下同)

 話題のポスターは、大崎駅に誕生した新キャラクター「おうさき」を紹介するもの。特技は「早起き」で、山手線の始発電車と一緒に起きるとのこと。うさぎのような見た目で、口が大崎の「大」になっているのがチャームポイントです。

 でも、眉毛がハの字に下がっていて、なぜか悲しそう。

大崎駅 おうさき ポスター そんなに悲しい顔しないで

 「大崎ってなにもない」「大崎止まりの山手線はいらない」「他の駅と間違えて降りました」と言われ続け、そんな悲しさからだんだんと眉が下がってきてしまったのだそうです。見ているこちらも悲しくなってきてしまいそうな内容。

 ……一人で悲しみを背負いすぎです。

大崎駅 おうさき ポスター おうさきのポスターは改札内の2カ所で発見(2020年9月現在)(撮影:大泉勝彦)

 これに対しネットでは「ローソンの本社がある」「リンガーハットの東京本社もあるよ」など、何もないなんてことはない! という声も多く寄せられ、応援する声が上がりました。

 そんな悲しそうな「おうさき」を笑顔にするため、駅では「駅社員一同、大崎駅の魅力向上に努めてまいります!」と意気込みもアピールしています。大崎駅は2021年に開業120年を迎えます。

 「おうさき」が笑顔になる日、きっと来るはず……!

大泉勝彦



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10