ニュース
» 2020年09月09日 13時15分 公開

Xbox Series S、海外は11月10日299ドルで発売 上位機種「Series X」より約60%小さいディスクレスモデル(1/2 ページ)

性能はSeries Xより控え目ですが、次世代のゲームで遊べます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マイクロソフトが9月9日、「Xbox Series S」のトレーラーを公開。海外では11月10日に、299ドルで発売すると発表しました。


Xbox SS 「Next-gen performance(次世代のパフォーマンス)」

Xbox SS Xbox史上最小

Xbox SS サイズは上位機種「Series X」より60%ほど小さいとのこと。実寸は未公表ですが、コントローラーとの対比で相当小さく見えます

Xbox SS 海外では11月10日発売(日本での発売時期は未定)。「Series X」についてはいまだに2020年冬発売とされています

 「Xbox Series S」は、9月8日に突如発表された新型Xbox(関連記事)。今回のトレーラーにより、次世代Xboxとして2月に発表されていた「Xbox Series X」(関連記事)と同系統の、光学ディスクドライブレスの別モデルと判明しました。「Xbox史上最小」のサイズも特長の1つで、「Xbox Series X」よりも約60%小さいと説明されています。

 内蔵ストレージには512GBのカスタムNVMe SSDを採用し、高速なデータ読み込みを実現(「Xbox Series X」は1TB)。プレイを中断している複数のゲームをすぐに再開できる「クイックレジューム」にも対応するなど、「Xbox Series X」と同様の機能を備えています。


Xbox SS 高速なSSDを採用

Xbox SS 描画性能は「Xbox Series X」より控え目。それでもレイトレーシングや、ストリーミング動画の4K再生に対応しています

 詳細なスペックは明言されていませんが、両機種はゲームの描画性能にも差がある様子。「Xbox Series X」が4K解像度・最大120fpsを掲げているのに対し、「Xbox Series S」では1440P解像度・最大120fps。4Kモニターへの出力自体は可能で、アップスケーリングで対応します。

※4K:3840×2160ピクセル/1440P:2560×1440ピクセル

 性能的には下位モデルの位置付け。ゲームはダウンロード版を購入するか、サブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」で入手という、ディスクレスゆえの制限もありますが、299ドルの低価格とコンパクトなサイズは魅力的に映ります。「Xbox Series X」の詳細も含め、国内発表が待ち遠しい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響