ニュース
» 2020年09月10日 12時00分 公開

義母と暮らすことになった少女、いびりを覚悟するも…… 意外と平和な漫画に「心が浄化された」 (1/2)

これからずっと幸せが続いてほしい物語。

[宮原れい,ねとらぼ]

 本家の義母たちのもとで暮らすことになった妾(めかけ)の少女が「どんな仕打ちも受け入れましょう…」と覚悟するも、一切いびられない展開の漫画が「こういうのが読みたかった」とTwitterで話題になっています。良い意味で思ってたのと違う!


妾の子 義姉 義母 いびらない 漫画 おつじ さっそく“いびり”が始まったと思ったら


 きっと「私(妾の子)が憎いはず」と、義母たちから虐げられる未来を想像して静かに涙をこぼす少女。すると、早速「あらぁ〜?なんだか臭いわよ〜」と2人の義姉がやってきます。腕をつかまれ、強制的に連れて行かれたのは……?


妾の子 義姉 義母 いびらない 漫画 おつじ どこまでもやさしい世界だった……!

 まさかのお風呂。義姉は2人がかりで少女の全身をきれいにすると、今度は彼女に似合う髪形や服装について言い合いを始めます。少女も「アレェ…?」と戸惑うくらい平和な言い争いですが、今度はそこに義母がやってきて雰囲気が変わります。少女の寝る場所について「ちょうど蔵にスペースが空いていてね――」とつらい現実が待っているとおもいきや……。

 「お父さんの積読(つんどく)を皆で蔵に運びますよ」「そうすれば書斎をお前さんの部屋にできるッ!!」と、気遣いにあふれた提案をビシッと言い放つお義母さま……! ラストでは、2人の義姉それぞれのステキセンスで全身をコーディネートされた少女が、みんなと同じ食事を共にする温かいシーンが描かれています。いびりゼロのほのぼの幸せエンドにほっこり。

 投稿したのは、漫画『通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー』をTwitterとpixivコミックで更新中のおつじ(@otj024)さん。こちらも心癒やされる展開とキャラクターのギャップ萌えで以前から人気を集めており、8月にはコミックス第4巻が発売されました。

 コメントでは「好き」や「続きが読みたい」の他にも「(食事がカレーなのは)作法関係なくスプーンありゃ食えるからかなと勝手にやさしみを感じて泣いた」「食事の風景見ても義母と義姉妹の間に座らせるとか、めちゃ愛されてますやんw」など、細かい部分からも義母・義姉の優しさを感じて和む声が上がっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10