ニュース
» 2020年09月11日 12時45分 公開

レジ袋有料化後、袋を買っているのはわずか12% 買い物にはエコバッグが主流に

レジ袋派、意外と少なかった。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 企業や市場リサーチを行う日本マーケティングリサーチ機構(JMRO)は、8月に対象にレジ袋の使用状況の一般調査を実施。有料のレジ袋を買っている人の割合は、12%に留まっていることがわかりました。


レジ袋使用状況を調査 Q1. あなたは買い物するごとにレジ袋を購入してますか?

 調査の対象となったのは全国の10代以上の男女1159人。まず、「あなたは買い物するごとにレジ袋を購入してますか」と聞いたところ、72%の人がレジ袋を購入しないと回答。購入すると回答した人はわずか12%でした。

 レジ袋はサイズやお店で異なり1枚2〜10円かかりますが、エコバッグを持っているか、いないかを問わず、大半の人がレジ袋を買っていないことがわかりました。


レジ袋使用状況を調査 Q2. 買い物の際、レジ袋とエコバッグどちらの方が使う頻度が多いですか?

 「買い物の際、レジ袋とエコバッグどちらの方が使う頻度が多いですか?」と買い物時の使用頻度をたずねると、75%がエコバッグの方が多いと回答しました。プラスチック製のレジ袋の方を多く使用するという人は16%に留まっています。

 買い物をする時にレジ袋を使う習慣は、7月1日のレジ袋の有料化からずいぶん浸透したようです。


レジ袋使用状況を調査 Q3. 今後もレジ袋を使い続けると思いますか?

 「今後もレジ袋を使い続けると思いますか?」という質問には、25%の人がプラスチック製のレジ袋を使い続けたいと思うと答え、49%の人が「そう思わない」と回答しました。約5割の人が、レジ袋を使わないライフスタイルを選ぼうとしていることがうかがわれます。

 7月1日のレジ袋の有料化から2ヶ月。すでに70%以上の人がレジ袋をもらわなくなり、エコバッグを使用しているといいます。買い物時にレジ袋が無料でもらえなくなったことでエコバッグの使用が進み、プラスチック製のレジ袋の使用を控えるなど、多くの人が行動を見直すきっかけになったともいえるかもしれません。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10