ニュース
» 2020年09月15日 21時00分 公開

「cali≠gari」配信ライブの「自称関係者席」はどのように生まれたのか? 気軽に聞いたら存在しないインタビューの原稿が送られてきました(2/3 ページ)

[小林夏帆,ねとらぼ]

※編集部注・ねとらぼ編集部が送った質問は「編集版」に掲載した3問のみです
※インタビュー中に質問しているのはねとらぼ編集部員ではありません。この人は誰なんですか?
※ありあまるサービス精神に編集部が震撼した、桜井青さんの「インタビュー(風の原稿)」をお楽しみください

──「自称関係者席」や各メンバーの定点カメラなど、ユニークなチケットが話題になっています。今回なぜこのような形態の配信を企画されたのでしょうか?

 「このコロナ禍、世界中のバンド達が配信をはじめましたよね? 例にもれずcali≠gariも無観客ライヴ配信を2回やったんですが、どうしても満足いく達成感がライヴで得られないんですよ。そしてそれはダイレクトにお客達の飽きにつながるな、と。

 世は正に配信戦国時代。どこもかしこも配信で、買ったは良いけど見ないで終わった、なんて言う配信疲れも聞こえてきました。これは、全てのバンドが配信に向かっていく弊害みたいなものですよね。

 その中で、今後もただ配信をしていくって手法だけではバンドは生き残れないだろう、と感じた事がまず1つ。それと、お客達がライヴ会場に行きたくても行けないジレンマを、何かしら解消出来ないのか?というのがもう1つ。生には生の良さがあって、配信には配信の良さがあるでしょ?だから配信だけでしか出来ない何かで楽しませることができないかな?と。この2点が、今回の発想の起点なんです」

──なるほど。実際にライヴ配信を経験したからこその発想ですね

「配信はこれからどんどんマンネリ化していくと思うんです。会場キャパに対して3分の1しか動員を見込めない現在、安易にチケット代をはね上げる事によってライヴの制作費をキープする事はできるだけ避けたいわけで。

 でもそうなると、プロの収録班を入れての配信までとても経費が回らない。事務所社長もマネージャーもメンバーが兼任しているcali≠gariみたいな中小企業バンドでは、大手のバンドがやってるような内容での配信は出来ないというのが現実なんですね。なので、限られた予算の中でいかにアイデアを出してお客達を楽しませていくか、っていうことですよね」

──それが今回のチケット各種のアイデアに繋がると

「そうですね。本来バンドには資料用映像を撮る固定カメラというものがありますよね。それを活用して面白おかしくするにはどうしたらいいだろう? というところから、定点カメラということは微動だにせず一番後ろから見ている→それはいわゆる関係者席か!と(苦笑)。

 cali≠gariって友達がいないバンドなので関係者は異常な程に少ないんですけど、バンドが大きくなればなるほど『自称関係者』という種族が増えていくじゃないですか」

──青さんがよく言う、“「関係」のない関係者”ですね(笑)

「そうそう(笑)。で、そういう人たちほどSNSにゲストパスの写真をUPして、『呼ばれたので久々に行ってきた』『楽屋は混んでるからパス』とか、そういう匂わせツイートみたいなことをやるんですよ(笑)。それをエゴサチームに教えてもらうと、みんなで『誰だこれは!?』『今日誰か呼んだ!?』とザワつくんです。

 関係者が少ないうちの現場ですらこうなんですから、他所はもっとすごいだろうなぁと思いまして。それならもっとみんなでマウンティングし合ったら面白いかな、と。

 “トップ・オブ・マウンティング2020”みたいな感じで関係者マウンティングを競い合うんです。「#カリガリのライヴに行ってきた」とハッシュタグをつけて、とにかく関係者匂わせツイートをいっぱいしてもらって。そうしたら、場外乱闘的にあたかもライヴに参加してる気分になるのではないだろうか、と(笑)」

──例えばどういう匂わせをすればいいですか?

「関係者だっていうことをはっきり書かないけど関係者だっていうことを分かってよ、っていう非常に高いスキルが必要になるわけです。設定もいろいろあっていいと思うんですよね。昔から星の数ほど存在する自称愛人や自称編集者とか(笑)。

 『楽屋には来るなって言われちゃった』とか『今日のライヴ、原稿にし辛いかな』とか、『なんか誘われて久しぶりに来てみたけれど、前より上手くなったよね』とか(笑)。お前ら誰なんだよ! みたいな(笑)。

 自分の中で設定を作って、勝手に妄想していただけたら幸いです。それでお客さん同士でマウンティングを楽しんでいただきたい。そしてそれは、あとから見る私達も楽しい。きっと疲れも吹っ飛ぶ(笑)」

──ライヴが終わった後も楽しめますね

「関係者席だから、もちろん終演後にはメンバーの挨拶もありますし。こちらからご挨拶にも伺いますから(笑)。そうやって面白おかしくやれたらいいなって。

 配信ならではの、ライヴじゃない部分でのエンタメ性を考えていたら、ついつい悪ノリしてしまったっていう感じで」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」