ニュース
» 2020年09月13日 20時15分 公開

舞台もライブも中止! なのにカードの請求額が減っていない謎…… その理由を描いた漫画に「わかる」と共感の声

なぜかいつも通りの明細……その理由は?

[林美由紀,ねとらぼ]

 舞台やライブがなくなったのに、カードの請求額がいつもと同じだった……そんなエピソードを描いた漫画に共感が止まりません。作者は、ブログ「地方民のオタ活ライフ」で漫画を公開しているアサナ(@asana1988)さんです。


自分の機嫌をとる金額は決まっているらしい05 舞台やライブがなくなったのにカードの支払額が減らない理由とは……?

 新型コロナウイルスの影響で、舞台やライブがことごとく中止となっているため、カードの請求も減っているだろうと請求書を確認したアサナさん。しかし……なぜか請求額は変わっていません。


自分の機嫌をとる金額は決まっているらしい01

 「何で!? どうして!?」と今月の出費を思い出してみると、舞台がない分いつもより多めにグッズを購入したり、ライブがない分スパチャ(YouTubeで視聴者が配信者に直接お金を送ることができる機能)で課金をしたり、イベントがない分我慢していた本を買ったり……としっかり推しの為にお金を使っていたのです。

 アサナさんは、この現象を「自分の機嫌を取る金額って決まってるんだなあ」と感じたとつづっています。自分の機嫌を取る為にお金を使う……この気持ち、すごくわかります!

 今年は予定していた舞台やライブなどが軒並み中止になってしまったので、その代わり、グッズを買ったり、ストリーミングライブに参加したり……といつもとは別の形で推しを応援してきた人も多いかもしれませんね。むしろいつもよりお金使っていたりして……?

 この漫画の読者からは「わかる」「散財欲求ってやつですなあ」「ただし通常営業になったら上乗せされる」など共感するコメントが届いています。

 アサナさんは他にも、舞台やライブにたくさん行くオタクのお金事情を描いた漫画「意外とオタクは現実的にお金管理している」、なぜ推しに課金をするのかがわかる「これはただの課金じゃない」、「課金は感謝の気持です」などを自身のブログでも公開しています。どれも共感できるエピソードばかりだ……!


自分の機嫌をとる金額は決まっているらしい02 「意外とオタクは現実的にお金管理している」


自分の機嫌をとる金額は決まっているらしい03 「これはただの課金じゃない」


自分の機嫌をとる金額は決まっているらしい04 「課金は感謝の気持です」

 アサナさんは、ブログやTwitterで漫画を公開しているほか、ママになってもオタ活を続けるママを描いた著書『オタママ充! オタクなママでいーじゃないっ!!』を発売中です。

画像提供:アサナ(@asana1988)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10