連載
» 2020年09月14日 18時30分 公開

夫婦生活を拒絶された相談者に今井通子が鋭い一言「テクニックがないまましようとしてるでしょ?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

前戯なしに、テクニックがないまましようとしてるでしょ?

 この日の回答者は三石メソード主宰で作家で翻訳家の三石由起子。

 「いずれ爆発するってさ、何を考えてる? その爆発っていうのは暴力ですか?」

 「言葉です。言った自分が後悔するほどの言葉で言ってしまいました……。物に当たったりすることはないですね」

 ひとまず現在の状態が物理的な暴力には発展しないことを確認した上で、さまざまな質問をぶつける三石。相談者が妻と、好きなアーティストの話、旅行や食事の話で盛り上がっていると聞くと、

 「それで今幸せなんでしょ? じゃあ何もいうことないと思うよ、私」

 「そうですか? あの、友達と比べてすごく……」

 「友達と比べるのがおかしくてさあ、アナタの周りのお友達ってさあ、アナタが幸せなほど幸せにしてるかなぁ? アナタが奥さん好きだなぁっていうくらいさ」「自分が足りないことをさ、『足りないんじゃないか、足りないんじゃないか』『人と比べて変なんじゃないか』っていうのがあって。分かるんだよね、夫婦の仲ってね、そういう不安も出てきちゃうと思うんだよね」

 夫婦の仲というのは十人十色なので、他人と比べるのは意味がないと指摘。その上で、「子どもを作ろう」というところでは意見が一致しているのだから、とりあえずその先は考えなくていいとした。

 「(先を)考えると、せっかく今ある幸せみたいなものも感じられなくなっちゃうような気がするのね」「で、アナタが爆発しちゃうんじゃないかって言っても、最大限の爆発が暴力でもないし、アナタ『言葉だ』と言った。その言葉っていうのは『過去に言った時にすごく後悔した』ってアナタ言ってるんだから、同じ言葉、使いませんよ、きっとね」

 いつもの三石由起子に比べると、ちょっとボンヤリとした切れ味の悪いアドバイス。今井通子が引き取って核心を突いた。

 「私、ちょっとひとつ気になるんだけど、奥様から『痛いから嫌い』って言われたと。要するに、メイクラブって両者が同じような気持ちになってないとダメなんだけど、アナタは『やらせてほしい』『したいんだ』、すべて男性側だけの立場で言ってない?」

 「そうですね……」

 「しかもまったく前戯なしに。要はテクニックがないまま、奥様としようと思ってるでしょ」

 「ああ……前戯はない……まあ少ないですね」

 前戯しない男……。リスナーの多くが「それが理由だよ!」と突っ込んだんじゃないだろうか。

 ここから、今井通子による前戯&女体のメカニズムについてのレクチャーがはじまり、相談者の雑な(もしくはほとんどしない)前戯のせいで、妻がメイクラブ自体を嫌いになってしまったのではないかと指摘した。

 「そういう、とっても物理的なところで上手くいってないんだと思う」

 「ああ……じゃあもっと長めに前戯を……」

 「そう。相手がその気になるまで待つ。その気になった時に分かるのは、膣の部分にちゃんとラブジュースが出てくる。そこまで待ちましょう」

 「えっと、それって、えーっと、服の上から分かるんですか?」

 「……いや、服の上じゃなくて。裸で抱き合ってないの?」

 今井通子の「ラブジュース」発言に仰天したが、それ以上にビックリしたのは相談者の「服の上から分かるんですか?」。前戯が雑とかいう以前の問題で、相談者の性知識のなさが心配になってくる。

 この辺はアダルトビデオの弊害だろうか。今や、ネット経由で性的な動画はいくらでも見ることができるが、実際の性行為をするに当たって参考になりそうな、正確な知識を教えてくれるものは皆無だ。

 今井通子は、経験豊富な先輩に教わるよう勧めていたが、今時、性知識を教えてくれる先輩なんて絶滅危惧種だろう。

 男性誌のセックス特集などもほとんど見かけなくなったし(女性誌の特集の方が多いくらいだ)、今の若い子たちは正しい性知識をどうやって身につけているのか……。少子化の原因は男性の草食化とかではなく、こんなところにあるのでは!? と思ってしまった。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声