ニュース
» 2020年09月20日 12時00分 公開

魔王城に迷い込んだ少女の運命は!? → 魔王メロメロ 漫画「人間嫌いの魔王」が親バカなパパみたいで和む

幼女も魔王が大好きに。崇拝というか愛情が生まれた。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 人間の少女を優秀な下僕に育てようと奮闘する魔王の漫画、「人間嫌いの魔王様は幼女にも容赦しない」シリーズが、物騒なタイトルとは裏腹にほのぼのすると好評です。作者は『33歳漫画家志望が脳梗塞になった話』で知られる漫画家、あやめゴン太(@aya_gon)さん。


アイキャッチ 崇拝を得るためにはまず国語教育から?


 ある日魔王の居城に、どこからかみすぼらしい少女が迷い込んできました。人間嫌いの魔王は、たとえ相手が子どもであろうと、容赦なく飛びかかります。


1P

2P

 そして薄汚れた少女を風呂に入れ、「ばっちいのに無自覚で病原菌をバラまいてっ」と身体を洗ってキレイに。さらに免疫力を高めさせるため食事を与えて、ふかふかのベッドに寝かせるのでした。パンデミックの防止を名目に、少女を手厚く保護してるようにしか見えない。

 魔王はその後も万事この調子。続編では、少女を従順な下僕に育てようと悪そうに笑いますが、彼女が読み書きできないと知ると、国語の授業を始めます。教育を施して優秀な労働力を育てる考え方は、確かに理にかなってはいますが……これもう保護者じゃん。


3P

4P

5P

 指導のかいあって少女は字が書けるようになり、手紙を見せてきました。「まおうさまだいすき」の文面を見て、魔王は「我に心酔しておる」とハイテンション。手紙を額に飾り、少女をたたえるのでした。これもう完全に娘にメロメロのパパじゃん。


6P 3作目では、少女に崇拝させようと、魔族の歴史を一人芝居で見せる魔王。楽しいお遊戯として喜ばれます

 そして少女が名無しでは不便だからと、「んげんのども」から取って「ニコ」と命名。魔王はとうとう名付けの親にまでなってしまいました。ニコが名前を気に入ったと安心し、腕を振って喜ぶ様子がとてもかわいい。


7P

8P

9P

 読者から「優しい世界」「絶対に人間嫌いじゃないだろ」「容赦のない善意の塊」と好評を博した、魔王の活躍はまだまだ続く様子。あやめゴン太さんは続編を不定期にTwitterで公開し、モーメントにまとめています。

画像提供:あやめゴン太(@aya_gon)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」