ニュース
» 2020年09月16日 14時46分 公開

「池袋ハロウィンコスプレフェス2020」中止 代わりにオンラインイベント開催決定(1/2 ページ)

全国のコスプレイヤーがネットに集結。「コスプレ大感謝祭 2020」10月31日放送。

[ねとらぼ]

 池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会は16日、10月31日と11月1日に予定していたコスプレイヤーの大規模ハロウィンイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2020」を中止すると発表した。あわせて、10月31日17時より同イベント初のオンライン開催として、コスプレイヤーがネットに集結するコスプレ特番「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭 2020」をニコニコ生放送にて配信する。

池ハロ中止

 2014年にスタートした池袋ハロウィンコスプレフェスは、毎年2万人以上のコスプレイヤーが参加する池袋東口エリアを舞台とした日本最大級のハロウィンイベント。2020年も開催を目指して調整していたが、新型コロナウイルスの影響により、予定していたステージイベントやパレードなどの実施は困難と判断した。

 名誉実行委員長でもある高野之夫豊島区長は、「今年は残念ながら、例年どおりのイベント実施は叶いませんでしたが、オンライン開催『コスプレ大感謝祭 2020』など新たな魅力が生まれ、楽しさが継続されています。今年の取組みが、池袋を舞台とした最高の『池袋ハロウィンコスプレフェス』につながると信じています」と、次の機会に期待するとのコメントを寄せている。

 代わりに開催されるオンラインイベントでは、人気コスプレイヤーやゲストが多数出演し、池袋ハロウィンコスプレフェスのみならずコスプレに関する秘蔵話の披露や討論会などが企画されている。

 なお、フェス内で開催を予定していたコスプレイヤーの「来年の顔」を決めるコンテスト「COSPLAYER OF THE YEAR 2021」の最終審査は、ニコニコ生放送での実施となる。現在開催中の事前選抜は予定通り実施される。

池ハロ中止

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響