ニュース
» 2020年09月18日 18時15分 公開

「新潟とは文明から取り残された未開のへき地である! 」 魔夜峰央『2万光年翔んで新潟』10月16日発売、埼玉の次は出身地をディスる

表題作など5作品を収録。

[ねとらぼ]

 魔夜峰央さんの短編集『2万光年翔んで新潟』が10月16日に小学館クリエイティブより刊行されます。埼玉の次にディスられるのは作者の出身地・新潟……!



 『2万光年翔んで新潟』は単行本初収録作品5本で構成された短編集。

 「目玉のマッちゃん」を改題した表題作「2万光年翔んで新潟」は、GACKT主演で映画化された『翔んで埼玉』を彷彿とさせる“ご当地ディス”ギャグ漫画です。作者の出身地でもある新潟を「新潟とは文明から取り残された未開のへき地である! 」と気持ちよくこき下ろします。



新潟に不時着した宇宙人をニューヨークと嘘をつく新潟県民たち。
村長は大統領、駐在所はペンタゴン、二宮金次郎像は自由の女神、たくあんはクロワッサン…、すっかり騙される宇宙人だが、その真の狙いとは…?

『2万光年翔んで新潟』商品ページより


 収録作品は以下の通り。価格は1300円(税別)。Amazonなどオンラインショップで予約が開始しています。

  • 「2万光年翔んで新潟」(「目玉のマッちゃん」を改題)
  • 「セクシャルバイオレンス」
  • 「冥途ロボットパペッタちゃん」
  • 「トランシルバニアの化け猫」
  • 「ミーチャンネコパンチ」
  • 魔夜峰央インタビュー〜出身地・新潟を語る〜
  • にいがたマンガ大賞 寄稿イラスト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」