ニュース
» 2020年09月18日 14時20分 公開

PS5を“50万円で高額出品”するAmazonアカウントが問題に 「キャンセル不可です」と迷惑料5万円を要求する出品者も(1/2 ページ)

Amazonカスタマーサービスに問い合わせたらキャンセルできたという報告も。【追記あり】

[Kikka,ねとらぼ]

 9月18日から予約が始まった「プレイステーション 5(PS5)」が、Amazon.co.jpにて定価の約10倍で高額出品されています。中には「キャンセル不可」を謳うアカウントも……。


PS5 Amazon 高額出品が繰り返されているPS5(CFI-1000A01)

 物議を醸しているのは、定価4万9980円(税別)のPS5(CFI-1000A01)。11月12日に発売される新型で、予約開始時刻から争奪戦が繰り広げられていました。

 そんな中、Amazon.co.jpでは、定価の約10倍にあたる50万円でPS5を高額出品するアカウントが複数現れました。出品者のページを確認すると「こちらの商品はキャンセル、返品不可となりますので予めご了承ください」と書いてあるものや「キャンセル不可です。キャンセルされる場合は迷惑料5万円いただきます」と、キャンセル料を要求するものも。


PS5 Amazon 定価の数倍〜10倍程度で出品している出品者たち

PS5 Amazon 出品者の中にはキャンセル不可を謳うものも

 こうした状況を受けてTwitterでは「PS5転売」「キャンセル不可」がトレンドに入り、実際に誤って商品を注文してしまった人が「amazonのマケプレでPS5予約したんだけど、よく見たら35万で草生えた。注文履歴からはキャンセル不可になってたが、カスタマーサービスのチャットで『間違えたのでキャンセルして欲しい』て伝えたら秒で対応してくれた。みんなはちゃんと確認して、悪徳業者に気をつけるんだぞ」「自分も間違えた挙句高額すぎてアカウントロックかかりましたがその際に間違えたので返品したいと書いたらいつのまにかアカウントロックも解けて履歴からも消えてました」と注意喚起して話題に。

 中には「Amazonのマケプレ、一覧画面で35,800円って出てくるので、『おや?』と思ってカートに入れて購入しようとすると、358,000円の物がカートに入ります。しかもキャンセル不可。こんなん詐欺だろ」と、押し間違いを誘発する手口にも怒りをあらわにする人もいました。


PS5 Amazon Amazonのページでもキャンセルできたという報告が

出品者とAmazonはこの状況にどう答える?

 ねとらぼ編集部では高額出品を行っているすべてのアカウント(記事執筆時点で出品していたもの)に問い合わせましたが、いずれも電話はつながらず、中には問い合わせ先を表記していない出品者もいました。

 またAmazon.co.jpに対しては広報部宛てに質問状を送付し、現在回答を待っています。


【18日19時30分追記】

 アマゾンジャパンの回答によると、こうした高額での出品は規約違反であり、随時出品取り下げなどの対応をとっているとのことでした。また「キャンセル不可」となっていた商品についても、現在はキャンセル可能とし、購入者には順次連絡をとっているそうです(関連記事)。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる