ニュース
» 2020年09月19日 20時00分 公開

「思ってもない返事するのやめたいぃい!!!」 会話が苦手な人の“あるある”漫画に「わかる」「強い心で『違う』って言えたら」(1/2 ページ)

世間とのズレを認識してますますへこむ。

[ねとらぼ]

 「今どき〇〇を知らない人なんていないよね?」――そんな世間話を急に振られ、自分もそれを知らなかったとき、あなたは正直に伝えられるでしょうか?

 一部の人にとっては“あるある”な一幕を描いた漫画がTwitterで共感を集めています。これ、布団に入ったあと思い出してウワァーッてなるやつだ。




 コミュニケーションに自信のない女性が主人公。同僚と「ヒゲダン」の話題になり、知っていて当然というような話の振り方に、それが何かも分からないのについつい話を合わせてしまいます。

 ヒゲダンとは「黒ひげ海賊団」……ではなく、若者に人気のバンド「Official髭男dism」の略称。会話が成立しない奴と見なされたらどうしよう、流行についていけないと思われたくない。そんな不安やプライドから知っているフリをしてしまう彼女、共感できる人もいるのでは?



 話題は変わり「夏の過ごし方」に。「ってか今年はイベント自粛で夏らしいこと全然できなくて寂しいよなー」と共感を求める同僚に対し、主人公の女性は「で、ですね…寂しいですね…!」と答えます。

 しかし本音は「引きこもってる方が好き」。またもとっさに話を合わせた彼女は、行きたくもないバーベキューに誘われてしまうのでした。角を立てずに自分の意見を話すって難しいよね……。



 そんな会話の果てに待つのは「とっさに空気読んで思ってもない返事ばかりするのやめたいぃい!!!」という自己嫌悪。会話の内容を反省するだけでも心に来るのに、流行を知らず世間と感性の違う自分は「普通じゃない」と思い込み、ますます会話に苦手意識を持ってしまいます。大丈夫だよ! 人それぞれでいいんだよ!

 作者はジョセフ鶴屋(@yukkurishitette)さん。自分の経験を基にした漫画「コミュ症どうしがエンカウントするとこうなる」をTwitterに投稿しています。

 ちなみに話を振ってきた同僚もまた、自分のことばかり話してしまう「アッパー系」のコミュニケーション苦手キャラとして描かれています。「自分の考え方は普通で平均的」と思ってしまう、気付きにくいぶん陥りがちなワナかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響