ニュース
» 2020年09月19日 20時00分 公開

「思ってもない返事するのやめたいぃい!!!」 会話が苦手な人の“あるある”漫画に「わかる」「強い心で『違う』って言えたら」(1/2 ページ)

世間とのズレを認識してますますへこむ。

[ねとらぼ]

 「今どき〇〇を知らない人なんていないよね?」――そんな世間話を急に振られ、自分もそれを知らなかったとき、あなたは正直に伝えられるでしょうか?

 一部の人にとっては“あるある”な一幕を描いた漫画がTwitterで共感を集めています。これ、布団に入ったあと思い出してウワァーッてなるやつだ。




 コミュニケーションに自信のない女性が主人公。同僚と「ヒゲダン」の話題になり、知っていて当然というような話の振り方に、それが何かも分からないのについつい話を合わせてしまいます。

 ヒゲダンとは「黒ひげ海賊団」……ではなく、若者に人気のバンド「Official髭男dism」の略称。会話が成立しない奴と見なされたらどうしよう、流行についていけないと思われたくない。そんな不安やプライドから知っているフリをしてしまう彼女、共感できる人もいるのでは?



 話題は変わり「夏の過ごし方」に。「ってか今年はイベント自粛で夏らしいこと全然できなくて寂しいよなー」と共感を求める同僚に対し、主人公の女性は「で、ですね…寂しいですね…!」と答えます。

 しかし本音は「引きこもってる方が好き」。またもとっさに話を合わせた彼女は、行きたくもないバーベキューに誘われてしまうのでした。角を立てずに自分の意見を話すって難しいよね……。



 そんな会話の果てに待つのは「とっさに空気読んで思ってもない返事ばかりするのやめたいぃい!!!」という自己嫌悪。会話の内容を反省するだけでも心に来るのに、流行を知らず世間と感性の違う自分は「普通じゃない」と思い込み、ますます会話に苦手意識を持ってしまいます。大丈夫だよ! 人それぞれでいいんだよ!

 作者はジョセフ鶴屋(@yukkurishitette)さん。自分の経験を基にした漫画「コミュ症どうしがエンカウントするとこうなる」をTwitterに投稿しています。

 ちなみに話を振ってきた同僚もまた、自分のことばかり話してしまう「アッパー系」のコミュニケーション苦手キャラとして描かれています。「自分の考え方は普通で平均的」と思ってしまう、気付きにくいぶん陥りがちなワナかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」