ニュース
» 2020年09月21日 09時00分 公開

「なんでわたしのまんがはいいねがすくないの」「わたしのまんがはおもしろいの!!」 自分の中の“鼓舞する声”を描いた漫画が創作者の胸に刺さる

良いと思った作品にはちゃんといいねしよう。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 描いた漫画に思うような評価がもらえないときに、作者の心の中で起こる諦めと怒りを描いた漫画「なんでまんがをかくの」が、あらゆる創作者の胸に刺さります。

クリエイター 漫画家 励まし

 作者のもず(@mo_x_2)さんはTwitterに漫画を投稿していますが、たまに心の中にいる“小さなもずさん”が「なんでわたしのまんがはいいねがすくないの」と、怒りをストレートにぶつけてきます。「えーと……あんまり絵がうまくないからかな?」と、しどろもどろに答えると、小さなもずさんはすぐに反論してきます。「へたっぴでもいいねはもらえるでしょ」

クリエイター 漫画家 励まし
クリエイター 漫画家 励まし
クリエイター 漫画家 励まし

 もずさんが何か言い訳をすると、片っ端から一刀両断する小さなもずさん。「そもそも私の実力はそんなものというか……」。自分を卑下し続けるもずさんを、小さなもずさんは涙目でにらみます。

 「なんでそんなこというの。わたしのまんがはおもしろいの!! みんなきづいてないだけなの!! 1万いいねのアレよりずっとおもしろいの!!」

クリエイター 漫画家 励まし
クリエイター 漫画家 励まし

 小さいもずさんは根拠はなくとも絶対の自信を持っているようで、大きいもずさんに訴え続けます。「ぜったいぜったい、おもしろいから!!」。そんな無茶苦茶なことを必死に伝えてくる小さいもずさんのおかげで、少しだけ自信が湧いてきました。そして前より評価が上がっても、小さいもずさんは「まだたりないの!」と期待を込めて応援してくれるのでした。

 SNSに作品を投稿しても、望むような評価を得られないのは良くあること。自分自身を悪く言ったり言い訳を並べるのは簡単ですが、それら全てを否定して鼓舞してくれるのも、また自分自身だったりします。他人からの評価は得られなくても、自分自身のファンであり続けたいものですね。

 漫画には「もっと自分のこと信じていろいろ頑張りたい」「この思いを持ち続けることが表現者の要件」「ハンドメイドも根底はこの“ぜったいぜったいおもしろいから!”があると思う」など、漫画やイラストに限らず創作をする読者から賛同のリプライが届いています。

画像提供:もず(@mo_x_2)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」