ニュース
» 2020年09月21日 09時00分 公開

「なんでわたしのまんがはいいねがすくないの」「わたしのまんがはおもしろいの!!」 自分の中の“鼓舞する声”を描いた漫画が創作者の胸に刺さる

良いと思った作品にはちゃんといいねしよう。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 描いた漫画に思うような評価がもらえないときに、作者の心の中で起こる諦めと怒りを描いた漫画「なんでまんがをかくの」が、あらゆる創作者の胸に刺さります。

クリエイター 漫画家 励まし

 作者のもず(@mo_x_2)さんはTwitterに漫画を投稿していますが、たまに心の中にいる“小さなもずさん”が「なんでわたしのまんがはいいねがすくないの」と、怒りをストレートにぶつけてきます。「えーと……あんまり絵がうまくないからかな?」と、しどろもどろに答えると、小さなもずさんはすぐに反論してきます。「へたっぴでもいいねはもらえるでしょ」

クリエイター 漫画家 励まし
クリエイター 漫画家 励まし
クリエイター 漫画家 励まし

 もずさんが何か言い訳をすると、片っ端から一刀両断する小さなもずさん。「そもそも私の実力はそんなものというか……」。自分を卑下し続けるもずさんを、小さなもずさんは涙目でにらみます。

 「なんでそんなこというの。わたしのまんがはおもしろいの!! みんなきづいてないだけなの!! 1万いいねのアレよりずっとおもしろいの!!」

クリエイター 漫画家 励まし
クリエイター 漫画家 励まし

 小さいもずさんは根拠はなくとも絶対の自信を持っているようで、大きいもずさんに訴え続けます。「ぜったいぜったい、おもしろいから!!」。そんな無茶苦茶なことを必死に伝えてくる小さいもずさんのおかげで、少しだけ自信が湧いてきました。そして前より評価が上がっても、小さいもずさんは「まだたりないの!」と期待を込めて応援してくれるのでした。

 SNSに作品を投稿しても、望むような評価を得られないのは良くあること。自分自身を悪く言ったり言い訳を並べるのは簡単ですが、それら全てを否定して鼓舞してくれるのも、また自分自身だったりします。他人からの評価は得られなくても、自分自身のファンであり続けたいものですね。

 漫画には「もっと自分のこと信じていろいろ頑張りたい」「この思いを持ち続けることが表現者の要件」「ハンドメイドも根底はこの“ぜったいぜったいおもしろいから!”があると思う」など、漫画やイラストに限らず創作をする読者から賛同のリプライが届いています。

画像提供:もず(@mo_x_2)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む