ニュース
» 2020年09月21日 18時40分 公開

クレしん映画の新たな傑作「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」レビュー 「オトナ帝国」「戦国大合戦」と単純比較するべきではない理由(1/4 ページ)

「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」の素晴らしさをネタバレなしで語る。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 現在公開中の「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」がとてつもなく面白かった。


動画が取得できませんでした
「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」予告編

 本作は「映画クレヨンしんちゃん」(以下、クレしん映画)の28作目。このシリーズにおいて、9作目「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」と10作目「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」が「オトナも泣ける感動作」としての高い評価を得ていることは、周知の事実であるだろう。

 そのことを踏まえて、訴えておきたいことがある。それは、本作を「オトナ帝国」「戦国大合戦」と単純な比較をするべきではない、それだけで評価を決めて欲しくないということだ。

 これまで優れたクレしん映画があった場合、その評価軸として「戦国大合戦」「オトナ帝国」との比較で語られがちであった。特に顕著だったのが22作目「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」の時で、やはり大人こそが感動できる内容であり、クレしん映画の久々の傑作などと高い評価を得ていたのだが、「戦国大合戦とオトナ帝国ほどじゃないが」「その2本には一歩及ばないが」などといった枕ことば付きで語られていることが多かったのだ。

 同様の「あの2本が偉大すぎる」という思いは作り手側にもあったようで、「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」の脚本を手掛けた中島かずきは、15作目「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」からチーフプロデューサーとして参加してきた時の頃を振り返り、「あの2本が突出し過ぎて原さん(原恵一監督)がいなくなった後“どうする?”って大変だったんですよ」とぶっちゃけていたこともあった。

 そのように、クレしん映画には「戦国大合戦」「オトナ帝国」の2本との比較を免れないという、“呪縛”にとらわれていたところがあった。しかし、今回の「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」は、その呪縛から解放された、この映画そのものの素晴らしさをたたえるべき、新たな傑作であったのだ。

 本編のネタバレになるべく触れない範囲で、その理由を記していこう。


1:故・臼井儀人のマンガを原案としている

 「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」は、“原点回帰”をしながらも、クレしん映画として“新しいことにも挑戦している”ことが何よりも重要だ。

 まず、本作には、「クレヨンしんちゃん」の単行本23巻に収録されている短編「ミラクル・マーカーしんのすけ」という原案がある。映画に登場する“ニセななこ”や“宮廷画家”の見た目は、この原案ほぼそのままだったりもするのだ。


「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が「戦国大合戦」「オトナ帝国」と単純比較するべきではない傑作の理由 画像は予告編より


 クレしん映画は、基本的にはマンガとは関係なく、設定や物語がとても自由に作られてきた。事実、故・臼井儀人が映画の原作となるマンガを描いていたのは、3作目「雲黒斎の野望」までである。しかし、今回は「25年ぶりのマンガの内容の映画化」なのだ。この時点で、原点回帰の意思を感じられるだろう。

 また、監督・脚本を務めた京極尚彦は、「『クレヨンしんちゃん』なのにクレヨンをモチーフにした映画が今までなかった」とも考え、それが絵に描いたものが出てくるという物語を昔からやってみたかったという思いにも結びついたのだそうだ。

 このように、本作ではシリーズになかった新機軸を打ち出しながら、タイトルにあるクレヨンをフィーチャーするという、クレしん映画としてまっとうかつ新鮮なアプローチがされているのだ。


2:ぶりぶりざえもんの復活

 前述した短編マンガ「ミラクル・マーカーしんのすけ」には、人気キャラクターの“ぶりぶりざえもん”が登場していた。アニメで同役を務めていた塩沢兼人は2000年に亡くなり、「この声以外は考えられない」という理由で16年に渡ってセリフがなかったのだが、2016年から神谷浩史が後任を務めることになった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/27/news058.jpg みちょぱ、恋人・大倉士門とのラブラブムービーに大反響 “公開イチャイチャ”に「本当お似合い」「夫婦にしか見えない」
  3. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. /nl/articles/2111/27/news054.jpg MALIA.、山本“KID”徳郁さんとの16歳次男と親子初共演 「パパに似てる」「美男美女」と“美形ファミリー”に反響
  5. /nl/articles/2111/27/news051.jpg 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  6. /nl/articles/2111/27/news041.jpg さだまさし、友人・平原まことさんの逝去に悲痛の思い 「綾ちゃん、がんばれ!」と娘・平原綾香にエールも
  7. /nl/articles/2111/27/news064.jpg お父さんめっちゃパンクだな! SUMIRE、父・浅野忠信の誕生日祝いに幼少期の貴重な2ショットを公開
  8. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  9. /nl/articles/2111/27/news028.jpg 飼い主に遊んでほしい猫ちゃん、胸キュン必至なおねだりを見せ…… 甘えん坊な元保護猫が最高にかわいい
  10. /nl/articles/2105/19/news041.jpg 【お仕事楽しい】「3日間育休をとる」という男性社員に「理解できない」と上司 予想外の真意に感動の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」