ニュース
» 2020年09月21日 18時40分 公開

クレしん映画の新たな傑作「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」レビュー 「オトナ帝国」「戦国大合戦」と単純比較するべきではない理由(4/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

 例えば、16作目「ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者」では初期作で監督を務めていた本郷みつるを再登板させた。17作目「オタケベ!カスカベ野生王国」ではみさえとひろしが豹変するなど「オトナ帝国」と似た要素があり、正直に言って“焼き直し”の印象も否めないこともあった。このあたりは“低迷期”ともいえるほど、作品としてのクオリティーも厳しいものがあったというのが本音だ。

 ところが、近年のクレしん映画は興行収入と作品評価の両面で、確実に盛り返している。その理由の1つが「クレしん映画でジャンル映画を本気でやってみる」という試みが成功しているからだろう。例えば、23作目「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」では“モンスターパニック映画”を、25作目「襲来!!宇宙人シリリ」では“ロードムービー”を、26作目「爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」では“カンフー映画”をモチーフにしており、そのジャンルの面白さが確かに詰め込まれていたのだ。

 また、21作目「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」や24作目「爆睡!ユメミーワールド大突撃」では脚本に2人がクレジットされている。脚本家同士で意見交換をし合い、物語をブラッシュアップして、面白いものを作ろうとする意図も、ここから伝わってくる。 そして、今回の「激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」でも、「そこのみにて光輝く」などの実写映画作品で知られる高田亮を呼び、京極尚彦監督と共同で脚本を執筆している。さらに、前述したジャンル映画という枠からも飛び出し、“クレしん映画らしさ”を突き詰めた内容になっている。

 平和な世界が何者かに脅かされ、それに対してしんのすけが立ち向かっていくという面白さ、しんのすけの破天荒で物怖じしない性格がもたらす痛快さ。劇中では子どもを退屈させまいと、さまざまな見せ場が用意され、描いた絵が動くというアニメでしかできない表現や、躍動感のあるアクションも盛り込まれている。そこには、まさに「ああ、クレしん映画を見ている!」という感動があったのだ。


まとめ

 クレしん映画は、あまりに完成度の高い「オトナ帝国」と「戦国大合戦」との比較で(20年近くが経過しても)語られがちだった。しかし、今回はその要素だけで評価を決めるのはあまりにももったいない、という理由を分かっていただけただろうか。

 何しろ、根底には“原点回帰”があり、ぶりぶりざえもんの復活やしんのすけが単独で主役を務めるなど、初期作にあった魅力を打ち出している。それでいて新しいことにも挑戦し、実力派の監督と脚本家にオファーして作品としてのクオリティーを高め、これまでの過去作を意識しすぎた“焼き直し”感からも脱却し、まさに「クレしん映画らしい」魅力と楽しさのある作品に仕上がっているのだから。


動画が取得できませんでした
本編特別映像

 また近藤プロデューサーは、「『クレヨンしんちゃん』は安パイに作れない作品」であるとも語っている。それは「安直に置きに行ったら最後、それが如実に現れる」「時代に合わせて新しいものを常に作っていかないと、この先も作り続けられる作品じゃなくなってしまう」との考えからだ。それでいて、「妥協せず作り続けることが、作り手としてはやりがいがある」とも語っていた。

 こうした作り手の意識こそ、「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が新たな傑作となった最大の理由だろう。ぜひ、クレしん映画から離れてしまったというオトナにも、本作を映画館で見てほしい。「あのころのクレしん映画」でありながら、新鮮な感動がそこにはあるはずだ。

ヒナタカ

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」