ニュース
» 2020年09月22日 19時00分 公開

カードキャプターさくらの「さくらカード」54枚すべて立体化! 海外ファンによるファンアートがステキ

壮観な光景です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アニメ「カードキャプターさくら」のさくらカード54枚を全て立体化したファンアートが愛を感じると話題です。

 制作したのは、台湾出身で台北在住の緑川奈央(@ryouji1620)さん。立体化したさくらカードを全部並べた写真は壮観で、一つ一つ見ていくとその作業の膨大さを感じて圧倒されます。立体表現も思った以上に細かく、眺めているだけで感動します。


CCさくら カード 立体化 さくらカード シャドーボックス 54枚並べた光景が壮観……!

CCさくら カード 立体化 さくらカード シャドーボックス ステキなファンアート

 こちらはシャドーボックスと呼ばれるアート表現で、複数枚のカードを使い、細かくパーツごとに切り貼りして重ねていくことで立体的に作っています。中でも、たくさんの葉をまとったような女性が描かれた「樹(ウッド)」のカードでは、203ものパーツ数になり、製作時間は約9時間もかかっているとのことでした。

 ちなみに一番好きなカードは、劇場版に登場する最後のさくらカード「希望(ホープ)」だそうです。





 使用している主な道具は、カッターマットとデザインナイフ、定規にピンセット。他にも切断面を塗ったりするための筆ペン(油性の黒)や、重ねる際に使うスポンジ両面テープ、スパチュラ(へら)、瞬間接着剤、木工用ボンドも。また見た目を良くするために、面相筆(細長い筆)、UVレジンやUVライトも使っているようです。



 作者の緑川奈央さんはポケモンカードや遊戯王カードでもシャドーボックス作品を作っているほか、プラモデル(ガンプラ)や、切り絵でのファンアートも制作。作品はTwitterInstagram(@naomidorikawa)で見られ、またYouTubeでは制作過程なども公開しています。



「ブラック・マジシャン・ガール/遊戯王」のシャドーボックス制作過程

「さくらカード」の立体化作品の一部(作・緑川奈央さん)








画像提供:緑川奈央(@ryouji1620)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」