ニュース
» 2020年09月22日 19時00分 公開

カードキャプターさくらの「さくらカード」54枚すべて立体化! 海外ファンによるファンアートがステキ

壮観な光景です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アニメ「カードキャプターさくら」のさくらカード54枚を全て立体化したファンアートが愛を感じると話題です。

 制作したのは、台湾出身で台北在住の緑川奈央(@ryouji1620)さん。立体化したさくらカードを全部並べた写真は壮観で、一つ一つ見ていくとその作業の膨大さを感じて圧倒されます。立体表現も思った以上に細かく、眺めているだけで感動します。


CCさくら カード 立体化 さくらカード シャドーボックス 54枚並べた光景が壮観……!

CCさくら カード 立体化 さくらカード シャドーボックス ステキなファンアート

 こちらはシャドーボックスと呼ばれるアート表現で、複数枚のカードを使い、細かくパーツごとに切り貼りして重ねていくことで立体的に作っています。中でも、たくさんの葉をまとったような女性が描かれた「樹(ウッド)」のカードでは、203ものパーツ数になり、製作時間は約9時間もかかっているとのことでした。

 ちなみに一番好きなカードは、劇場版に登場する最後のさくらカード「希望(ホープ)」だそうです。





 使用している主な道具は、カッターマットとデザインナイフ、定規にピンセット。他にも切断面を塗ったりするための筆ペン(油性の黒)や、重ねる際に使うスポンジ両面テープ、スパチュラ(へら)、瞬間接着剤、木工用ボンドも。また見た目を良くするために、面相筆(細長い筆)、UVレジンやUVライトも使っているようです。



 作者の緑川奈央さんはポケモンカードや遊戯王カードでもシャドーボックス作品を作っているほか、プラモデル(ガンプラ)や、切り絵でのファンアートも制作。作品はTwitterInstagram(@naomidorikawa)で見られ、またYouTubeでは制作過程なども公開しています。



「ブラック・マジシャン・ガール/遊戯王」のシャドーボックス制作過程

「さくらカード」の立体化作品の一部(作・緑川奈央さん)








画像提供:緑川奈央(@ryouji1620)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」