ニュース
» 2020年09月22日 19時00分 公開

カードキャプターさくらの「さくらカード」54枚すべて立体化! 海外ファンによるファンアートがステキ

壮観な光景です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アニメ「カードキャプターさくら」のさくらカード54枚を全て立体化したファンアートが愛を感じると話題です。

 制作したのは、台湾出身で台北在住の緑川奈央(@ryouji1620)さん。立体化したさくらカードを全部並べた写真は壮観で、一つ一つ見ていくとその作業の膨大さを感じて圧倒されます。立体表現も思った以上に細かく、眺めているだけで感動します。


CCさくら カード 立体化 さくらカード シャドーボックス 54枚並べた光景が壮観……!

CCさくら カード 立体化 さくらカード シャドーボックス ステキなファンアート

 こちらはシャドーボックスと呼ばれるアート表現で、複数枚のカードを使い、細かくパーツごとに切り貼りして重ねていくことで立体的に作っています。中でも、たくさんの葉をまとったような女性が描かれた「樹(ウッド)」のカードでは、203ものパーツ数になり、製作時間は約9時間もかかっているとのことでした。

 ちなみに一番好きなカードは、劇場版に登場する最後のさくらカード「希望(ホープ)」だそうです。





 使用している主な道具は、カッターマットとデザインナイフ、定規にピンセット。他にも切断面を塗ったりするための筆ペン(油性の黒)や、重ねる際に使うスポンジ両面テープ、スパチュラ(へら)、瞬間接着剤、木工用ボンドも。また見た目を良くするために、面相筆(細長い筆)、UVレジンやUVライトも使っているようです。



 作者の緑川奈央さんはポケモンカードや遊戯王カードでもシャドーボックス作品を作っているほか、プラモデル(ガンプラ)や、切り絵でのファンアートも制作。作品はTwitterInstagram(@naomidorikawa)で見られ、またYouTubeでは制作過程なども公開しています。



「ブラック・マジシャン・ガール/遊戯王」のシャドーボックス制作過程

「さくらカード」の立体化作品の一部(作・緑川奈央さん)








画像提供:緑川奈央(@ryouji1620)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」