ニュース
» 2020年09月23日 17時45分 公開

ゆうちょ銀行「mijica」で不正送金 被害額は332万円超

ドコモ口座に次いで、新たな不正送金が確認されました。

[ねとらぼ]

 ゆうちょ銀行は、自行で運営するデビットカード・プリペイドカード「mijica(ミヂカ)」を使用した不正送金が発生していたと発表しました。これまでの被害額は332万2000円に上っています。

mijica 不正送金 mijica不正送金の仕組み(プレスリリースより)

 mijicaは、ゆうちょ銀行が3年前から発行しているカード。不正出金が行われたのは8月8日から9月15日にかけてです。

 犯人はゆうちょ銀行に口座を持つ利用者になりすまし、mijicaの専用のサイトに不正にアクセスした上で、利用者の口座の貯金やカードにチャージしたお金を別名義のカードに送金していました。

mijica 不正送金 被害発覚の経緯(プレスリリースより)

 これを受け、ゆうちょ銀行9月16日からmijicaの送金機能を停止。不正送金の手口を調査・分析するほか、被害にあった54人に対して、被害額の全額を補償するとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.