ニュース
» 2020年09月23日 18時42分 公開

iOS14でホーム画面のカスタマイズが自由自在に→「Windows95化」「推しで統一」など自慢のスクショがTwitterにあふれる (1/2)

好みのウィジェットを作れるアプリ「Widgetsmith」を使ったカスタムが人気。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 iPhoneの最新OS「iOS14」でウィジェット機能が追加され、ホーム画面のカスタマイズ性が向上。さらに「ショートカット」アプリの機能拡張によりアイコンデザインの疑似的な変更も可能になりました。Twitterでは、早速これらを利用した力作が続々と投稿されています。



 iOS14で検索すると、ホーム画面をカスタマイズした人のツイートが多数ヒット。アイコンや壁紙を、推しのゲームやアニメ、アイドル、車や競馬といった趣味で統一する人が多いようです。なかには、システムを懐かしのWindows 95風に仕立てたり、既存のアイコンデザインを素朴な手描き画像に置き換えたりと、凝りまくる人もみられます。



 カスタマイズに用いられている機能のひとつが、新たに追加された「ウィジェット」です。Androidと同様、時計や天気予報などのツールを直接ホーム画面に配置できるように。レイアウトの自由度が向上しました。


iOS14 ウィジェット機能。ホーム画面の編集時、左上に出てくる「+」ボタンから追加できる

 アプリのアイコンを好みの画像に変更するテクニックも広まっています。新たに追加された「ショートカット」アプリにより、疑似的にアイコンをカスタマイズできるようになりました。


iOS14iOS14 アイコンの変更は、「ショートカット」アプリから。まず、アクション設定の「スクリプティング」「Appを開く」で、デザインを変えたいアプリを指定し、右上の「…」をタップ

iOS14iOS14 「ホーム画面に追加」を選び、「ホーム画面の名前とアイコン」下にあるアイコンをタップ。「アイコンを編集」メニューから画像を設定して「追加」を押せば、「最初に指定したアプリとして機能する、好きなデザインのショートカット」が出来上がる

 自分で好みのウィジェットを作れるアプリ「Widgetsmith」も人気。ホーム画面に大きな画像を置いたり、月の満ち欠けを表示したりと、皆さん工夫して楽しんでいます。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10