ニュース
» 2020年09月24日 09時25分 公開

Twitter、アカウントロックやフォロー数が0になる不具合が発生 「凍結祭り」がトレンド1位に (1/2)

いきなりフォロー0は焦る。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Twitterのアカウントが突然「ロック」や「制限」状態になったり、フォロー数が「0」になってしまう不具合が9月24日未明に発生しました。Twitter社は、不具合が特定の話題についてツイートしたことで起こるものではないと説明。8時30分にはロックや制限の不具合が解消したことを報告しています。


「凍結祭り」がトレンド1位に(9月24日9時時点)

 現在一部の復旧済みアカウントにおいて、フォロー数が0のままになっているケースが見受けられます。ただし、これはTwitterアカウントの復旧直後に発生しがちな現象のため、時間と共に解消すると考えられます。

【追記 9時57分】Twitter社は一部のアカウントを誤って凍結していたため、それらも復旧したと発表。これにより一部のユーザーのフォロー/フォロワー数に影響が出ている可能性があり、こちらもすぐに修正する予定であるとしています。



 通常であればアカウントの復旧後24時間後にはフォロー数などが正常に戻ります。公式のアナウンスを見守りつつ、48時間以上経過してもフォロー数などに異常がある場合はサポートに問い合わせてみると良いでしょう。

 同社はアカウントへのアクセスについてトラブルがある場合には、「ロックまたは制限されたアカウントに関するヘルプ」のページも参照するよう呼びかけています。

 なお、アカウント関連の不具合と前後して、ツイートがリアルタイムに表示されない不具合も確認されていましたが、こちらは8時8分に解決が報告されています。


アカウントを削除後に復活させる際にもフォロー数が正しく表示されない場合がある。通常24時間後には数字が正常に戻る(「アカウント復活のヘルプ」より
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.