ニュース
» 2020年09月24日 13時34分 公開

アルコール依存症の夫に寄り添う妻の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』に注目集まる 厚労省・専門家監修で依存症を描く (1/2)

愛を持って接するほど重篤化してしまう悪循環。恐ろしい病気です。

[コンタケ,ねとらぼ]

 著名人が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたことを受け、ネットで公開中の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』が注目を集めています。アルコールで大きな失敗をした人がなぜまた繰り返してしまうのか、その理由が読めば分かるかもしれません。



アルコール依存症 漫画 だらしない夫じゃなくて依存症でした 啓発 三森みさ 一見ただの晩酌ですが……

 漫画では、いつの間にかアルコール依存症になっていた「山下ショウ」と、その妻「ユリ」の夫婦生活が描かれます。大学の頃から交際していた2人ですが、学生時代のショウはむしろ飲み会が苦手なタイプでした。


アルコール依存症 漫画 だらしない夫じゃなくて依存症でした 啓発 三森みさ とてもこの後アルコール依存症になるとは思えない学生時代

 しかし、就職してから仕事の疲れを癒やすためや、付き合いで飲む量が日に日に増加。だんだん日常的に飲むようになっていき、夫婦生活は徐々に破綻していきます。


アルコール依存症 漫画 だらしない夫じゃなくて依存症でした 啓発 三森みさ 増える飲酒量

 だんだんと酒での失敗が増えていくショウ。居酒屋ではツケを溜めながら飲み、仕事は酒で遅刻が増え、家の付近ではお隣家の前で嘔吐(おうと)を繰り返すなど人に迷惑をかけるようになっていきます。


アルコール依存症 漫画 だらしない夫じゃなくて依存症でした 啓発 三森みさ どんどんひどくなっていくショウ

 ユリはショウが酒でやらかすたびに尻拭いをし、酒を止めるよう言いつけ続けます。妻としてあまりに献身的ですが、後半で実はこれらの行動が依存症を加速させていたという事実が判明。依存症についての知識がない人にとっては、非常に学ぶところの多い内容となっています。


アルコール依存症 漫画 だらしない夫じゃなくて依存症でした 啓発 三森みさ 献身的なユリですが全て逆効果に……

 この漫画を描いたのは、三森みささん(@mimorimisa)。厚生労働省など監修の元、依存症全般に関する知識を普及する目的で制作されています。登場人物は全て架空ですが、依存症者や関係者からの実体験と見聞を参考に造形したとのこと。

 漫画が公開されたのは2019年ですが、アルコール依存症が話題になり今になってTwitterでトレンド入りをしました。三森さんは、「今回のトレンド入りで読まれた方から『批判はナンセンス』『見方が変わった』との感想」をもらったとコメントしています。



 『だらしない夫じゃなくて依存症でした』は、書籍版も販売中。内容は50ページ以上加筆されているとのことです。

画像提供:三森みささん(@mimorimisa)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」