ニュース
» 2020年09月25日 09時00分 公開

まったく想像つかんぞ!? 光岡自動車、初となるSUV「Buddy」発表 ティーザーサイト公開

どんなクルマになるのか、楽しみすぎる。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 光岡自動車(ミツオカ)が、新型SUV「Buddy」(バディ)のティーザーサイトを公開しました。正式発表は2020年11月下旬の予定で、サイトにはキャッチコピーや次回更新までのカウントダウンが表示されています。

ミツオカ SUV Buddy 新型SUV「Buddy」の発表を予告(画像はティーザーサイトから)

 ミツオカは、富山県に本社を置く日本の自動車メーカー。市販車をベースに内外装のイメージをがらりと変えた個性的なクルマ作りで知られており、かつては1人乗りのマイクロカーも生産していました。

 代表車種は、マツダ・ロードスターや日産マーチをレトロ風に改造した「ヒミコ」や「ビュート」など。近年では、ロードスターを60年代のアメ車風にした「ロックスター」という新作も話題になりました。

ミツオカ SUV Buddy レトロ風の「ヒミコ」。ND型ロードスターがベースです(写真:光岡自動車、以下同)
ミツオカ SUV Buddy マーチベースの「ビュート」

 これまではデザイン重視のクーペやセダン、オープンカーなどを作ってきたミツオカですが、発表された新型車はミツオカ初のSUVとなります。

 ティーザーサイトのメッセージからは、カーライフを楽しんできた子育て世代に向けた新たな相棒というコンセプトが読み取れ、実用性を備えつつ光岡らしい遊び心もあるクルマのようです。

 先行公開された画像はボンネットを真上から見た姿で、直線的で角張った迫力のあるスタイルを想像できます。メッキバンパーらしき部分には、ミツオカらしいオーバーライダー(旧車のバンパーに装着された補強部品)風の装飾が見え、レトロ路線、あるいはロックスターのようなアメ車路線も考えられます。どのような姿で世に登場するのか、いまから楽しみですね!

ミツオカ SUV Buddy ロードスターをアメ車風にした「ロックスター」
ミツオカ SUV Buddy オリジナル車「オロチ」のデビルマン仕様

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10