ニュース
» 2020年09月25日 20時00分 公開

お父さんが娘の大好物・卵焼きを作ってみたものの…… 小1の「オトナな気遣い」を描いた漫画が胸に染みる(1/2 ページ)

なんという大人の気遣い……。

[ねとらぼ]

 小学校1年生の娘さん・みーたんを育てているまつざきしおり(@matsuzakishiori)さんが、みーたんのちょっとオトナな「気遣い」について漫画にしています。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 卵焼きが大好物のみーたん。お父さんはそんな愛娘のために卵焼きを焼いてくれました。「ヘイおまちぃ!!」と威勢よく差し出された特製の卵焼きを、みーたんは大喜びで迎えますが……この卵焼き、表面は心なしか焦げているようです。

 「なんかくろいなぁ…」というみーたんの視線に、お父さんは「ちょっと焦がしてしもたんやけど、味は大丈夫かと……!!」とちょっと焦りながらもフォローを入れました。まつざきさんは先に食べ、「みーたん、卵焼きおいしいで!!」と太鼓判を押しました。


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 ついに実食タイムです。ちょっぴり焦げてしまった卵焼きを、みーたんがゆっくり口に運ぶと……。みーたんはお箸を持ったまま、数秒固まってしまいました。

 「ちょっ…………とだけ おいしい……」。そこそこの沈黙ののちに発せられた食後の第一声は、最初の盛り上がりからはかなりテンションの落ちたものでした。そしてみーたんはぎこちない笑いを見せます……。せっかく作ってくれたお父さんの前で、「おいしくない」とは言いたくなかったのですね。なんて大人なんだ……!


育児漫画エッセイ

 お父さんはその後卵焼き作りの修行に励み、みーたんからの「たまごやきたべたいけん、つくってくれないかい? くろいのじゃなくてきいろいやつがいい」というリクエストにも応えられるようになったそうです。

 コメント欄には、「みーたんの優しさに涙」「大人だなあ」と、みーたんの対応を褒める声や、「頑張れ父ちゃん!!」などお父さんを応援する声が集まりました。お父さんに優しいみーたんも、みーたんのために卵焼き修行をするお父さんも、みんなすてきです!

画像提供:まつざきしおり(@matsuzakishiori)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」