ニュース
» 2020年09月26日 10時30分 公開

「手元のスマホ画面が見にくい」をサポート Zoffから「スマホアシストレンズ」登場

ブルーライトカット機能付きがありがたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 メガネブランド「Zoff」から、スマホなど“近くを見るとき”の目の負担を軽減する「スマホアシストレンズ」が登場します。好きなフレームと組み合わせられるオプションレンズで、追加価格は3000円(税別)。こちらは全国の実店舗のみでの発売です。


Zoff スマホアシストレンズ ピント調節筋 負担 軽減 遠近両用 手軽にアイケアできる「スマホアシストレンズ」

 スマホアシストレンズは、上部が遠部用レンズ、下部は手元を見るのをサポートする度数と、レンズ内に度数の変化がついており、目のピント調節機能を助けることで調節筋への負担を軽減することができます。さらにブルーライトを約33%カットする機能も搭載し、手軽にアイケアができるとしています。


Zoff スマホアシストレンズ ピント調節筋 負担 軽減 遠近両用 レンズの上下で度数が違います

Zoff スマホアシストレンズ ピント調節筋 負担 軽減 遠近両用 レンズが「近くを見る」をサポートし、目のピント調節筋への負担を軽減

 レンズ内に度数の変化があるのは「遠近両用メガネ」と同様ですが、上下で好きな度数が入れられる普通の遠近両用メガネと違い、スマホアシストレンズは下部の手元用が一番軽い度数(+0.75)に固定されています。そのためエントリーモデルといった位置づけで、若い世代の「夕方になると見づらい」「手元のスマホ画面が見にくい」といった、昨今問題視されている“スマホ老眼”の症状が気になるユーザーなどにおすすめしています。

 ちなみに、Zoffで遠近両用レンズにする場合と比較すると、スマホアシストレンズの方が2000円価格が低く、加えてブルーライトカット機能が付くのがメリットとなっています。またどちらのレンズも、購入日から1年間のレンズ保証がついてきます。詳しくは商品ページにて確認できます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.