ニュース
» 2020年09月26日 10時30分 公開

「手元のスマホ画面が見にくい」をサポート Zoffから「スマホアシストレンズ」登場

ブルーライトカット機能付きがありがたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 メガネブランド「Zoff」から、スマホなど“近くを見るとき”の目の負担を軽減する「スマホアシストレンズ」が登場します。好きなフレームと組み合わせられるオプションレンズで、追加価格は3000円(税別)。こちらは全国の実店舗のみでの発売です。


Zoff スマホアシストレンズ ピント調節筋 負担 軽減 遠近両用 手軽にアイケアできる「スマホアシストレンズ」

 スマホアシストレンズは、上部が遠部用レンズ、下部は手元を見るのをサポートする度数と、レンズ内に度数の変化がついており、目のピント調節機能を助けることで調節筋への負担を軽減することができます。さらにブルーライトを約33%カットする機能も搭載し、手軽にアイケアができるとしています。


Zoff スマホアシストレンズ ピント調節筋 負担 軽減 遠近両用 レンズの上下で度数が違います

Zoff スマホアシストレンズ ピント調節筋 負担 軽減 遠近両用 レンズが「近くを見る」をサポートし、目のピント調節筋への負担を軽減

 レンズ内に度数の変化があるのは「遠近両用メガネ」と同様ですが、上下で好きな度数が入れられる普通の遠近両用メガネと違い、スマホアシストレンズは下部の手元用が一番軽い度数(+0.75)に固定されています。そのためエントリーモデルといった位置づけで、若い世代の「夕方になると見づらい」「手元のスマホ画面が見にくい」といった、昨今問題視されている“スマホ老眼”の症状が気になるユーザーなどにおすすめしています。

 ちなみに、Zoffで遠近両用レンズにする場合と比較すると、スマホアシストレンズの方が2000円価格が低く、加えてブルーライトカット機能が付くのがメリットとなっています。またどちらのレンズも、購入日から1年間のレンズ保証がついてきます。詳しくは商品ページにて確認できます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン