ニュース
» 2020年09月26日 12時18分 公開

LINE、自分や友人にそっくりな「アバター」が作れる機能を提供開始

プロフィールアイコンなどで使えます。

[ねとらぼ]

 LINEで自分だけでなく友人、家族、好きなアイドルなどにそっくりな「アバター」が作れる機能の提供が開始された。

LINEアバター

 作成したアバターは、LINEや各種SNSのプロフィールアイコンに使用可能。LINEプロフィールのデコレーションやトーク、タイムライン、ストーリーのカメラからも利用することができる。

 さまざまな表情や動きのアバターを選び、スマートフォンに保存している写真とアバターを合成することも可能。LINEのトーク内、タイムライン、ストーリーからカメラを立ち上げてアバターを選択すると、撮影画面の中にアバターを登場させることもできる。

 顔のカスタマイズは、ヘアスタイル、顔、目、眉、鼻、口、メイク、ひげ、メガネの9種類。コスチュームは、セットアップ、トップス、ボトムス、靴下、靴、ヘアアクセサリーなどの6種類から好みのパーツを組み合わせて作ることができる。顔型やパーツのサイズ、肌の色や髪色などの微調整も可能だ(※スマートフォン版「LINE」バージョン10.16.0以上で利用できる)。

LINEアバター

LINEアバター

LINEアバター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.