ニュース
» 2020年09月27日 21時00分 公開

造形作家による“幻想生物”が神秘的でかっこいい……! 古代生物や妖怪モチーフの生き生きとした造形に心奪われる

生きていない、けど生きている、命たちの造形。

[宮原れい,ねとらぼ]

 造形作家のムラマツ アユミ(@ayumi_M580)さんによる幻想的な生き物を形にした立体作品が心引かれる美しさです。どの作品もかっこいいしか言えなくなる……!



 作者の空想を生きる、さまざまな“生き物”を粘土や樹脂を使って表現しています。古代生物や骨、そして妖怪などをモチーフにしながら、生命の力強さといった真逆のイメージを感じさせ、その独特な世界観の魅力に引き込まれます。


ムラマツアユミ 造形作家 立体 作品 幻想生物 妖怪 甲冑魚 甲冑魚・黒帝

ムラマツアユミ 造形作家 立体 作品 幻想生物 妖怪 甲冑魚 甲冑牛・矛

 作品は、甲冑がブロンズ製だという「甲冑魚・黒帝」や、透明樹脂で表現された琥珀のような体と骨の頭を持つトカゲらしき見た目の「ALIVE」。妖怪がモチーフの作品では「猫又」や、カワウソの妖怪をイメージした「夕闇」。また卒業制作として作られた「風輪」は、回帰と輪廻をテーマに「海に帰った古代の鯨類と、彼岸と此岸を繋ぐ風車のイメージ」を重ね合わせた作品とのことで、背景に流れる物語を想像させる見所の多い作品となっています。


ムラマツアユミ 造形作家 立体 作品 幻想生物 妖怪 甲冑魚 ALIVE

ムラマツアユミ 造形作家 立体 作品 幻想生物 妖怪 甲冑魚 真偽



 ちなみに、ムラマツアユミさんと「SO-TA」社がコラボして誕生したカプセルトイ「空想生物図鑑」シリーズが人気を集めており、2020年5月発売の「神鹿」はTwitterでも話題に。こちらは第2弾が2021年1月に発売予定とのことで、気になる方はTwitterをチェックするのをおすすめします。

 造形作品のほかにも、イラストやアニメーションも制作しているムラマツアユミさん。いずれもホームページで主に公開されており、Instagramでも作品の写真や原画を見ることができます。








画像提供:ムラマツ アユミ(@ayumi_M580)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響