ニュース
» 2020年10月03日 11時46分 公開

わかさ生活の公式Twitterが「エゴサ力やばい」「面白すぎ」と人気急上昇 “新入社員”が仕掛ける異例の広報戦略とは(1/3 ページ)

中の人はまさかの“新入社員”。ユーモアあふれるツイートで人気急上昇中の企業アカウントです。

[Kikka,ねとらぼ]

 企業がSNSで広報活動を行うことが増えている昨今。「ブルーベリーアイ」などの健康サプリで知られる「わかさ生活」の広報アカウントが、圧倒的な“エゴサーチ力”とユーモアあふれる“ツイート力”で人気を集めています。中の人を取材しました。


わかさ生活 ブルーベリーアイ ブルべりアイ 話題になっているわかさ生活の広報アカウント(「わかさ生活」の公式Twitterアカウントより)

 2010年に開設された「わかさ生活」の公式Twitterアカウントはこれまで、自社の取り組みや商品情報などの発信を中心に1カ月で100件前後のツイートを投稿していました。しかし2020年夏ごろから更新が活発になり、2020年8月にはツイートの月更新が1000件を突破。フォロワーも1か月1000人を超えるペースで急増しています。

 同アカウントの人気が高まっているのは、なんといっても圧倒的な“エゴサーチ力”とユーモアあふれる“ツイート力”。

 「わかさ生活」や「ブルーベリーアイ」といったキーワードを中心に徹底的なエゴサーチを行い、“いいね”やリプライを積極的に行っているほか、音楽番組に出演する人気アーティストの登場時間に合わせて、楽曲に関するツイートを行うなど、自社の宣伝以外のツイートを増やしたことにより、幅広い層に受け入れられているようです。


わかさ生活 ブルーベリーアイ ブルべりアイ whotwiでツイート解析した結果。さまざまなキーワードを使い分けていることが分かる(whotwiによるツイート解析

中の人に「愛され企業Twitterアカウントになるための秘訣」聞いてみた

 ねとらぼ編集部では、わかさ生活 【公式】広報部(@WAKASASEIKATSU)の中の人に取材を申し入れ、愛される企業Twitterアカウントになるための秘訣を聞きました。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む