ニュース
» 2020年10月03日 11時46分 公開

わかさ生活の公式Twitterが「エゴサ力やばい」「面白すぎ」と人気急上昇 “新入社員”が仕掛ける異例の広報戦略とは (1/3)

中の人はまさかの“新入社員”。ユーモアあふれるツイートで人気急上昇中の企業アカウントです。

[Kikka,ねとらぼ]

 企業がSNSで広報活動を行うことが増えている昨今。「ブルーベリーアイ」などの健康サプリで知られる「わかさ生活」の広報アカウントが、圧倒的な“エゴサーチ力”とユーモアあふれる“ツイート力”で人気を集めています。中の人を取材しました。


わかさ生活 ブルーベリーアイ ブルべりアイ 話題になっているわかさ生活の広報アカウント(「わかさ生活」の公式Twitterアカウントより)

 2010年に開設された「わかさ生活」の公式Twitterアカウントはこれまで、自社の取り組みや商品情報などの発信を中心に1カ月で100件前後のツイートを投稿していました。しかし2020年夏ごろから更新が活発になり、2020年8月にはツイートの月更新が1000件を突破。フォロワーも1か月1000人を超えるペースで急増しています。

 同アカウントの人気が高まっているのは、なんといっても圧倒的な“エゴサーチ力”とユーモアあふれる“ツイート力”。

 「わかさ生活」や「ブルーベリーアイ」といったキーワードを中心に徹底的なエゴサーチを行い、“いいね”やリプライを積極的に行っているほか、音楽番組に出演する人気アーティストの登場時間に合わせて、楽曲に関するツイートを行うなど、自社の宣伝以外のツイートを増やしたことにより、幅広い層に受け入れられているようです。


わかさ生活 ブルーベリーアイ ブルべりアイ whotwiでツイート解析した結果。さまざまなキーワードを使い分けていることが分かる(whotwiによるツイート解析

中の人に「愛され企業Twitterアカウントになるための秘訣」聞いてみた

 ねとらぼ編集部では、わかさ生活 【公式】広報部(@WAKASASEIKATSU)の中の人に取材を申し入れ、愛される企業Twitterアカウントになるための秘訣を聞きました。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」