ニュース
» 2020年09月28日 09時45分 公開

次モデルはコンパクトSUVタイプに フォルクスワーゲン、新型EV「ID.4」を初公開 (1/2)

2020年中に欧州で発売予定。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 フォルクスワーゲンが新型EV(電気自動車)「ID.4」を発表しました。2020年中にまずは欧州で発売され、中国、米国で順次発売予定。日本への導入は未定です。

フォルクスワーゲン EV ID.4 新型e-SUV「ID.4」(写真:フォルクスワーゲン、以下同)

 フォルクスワーゲンのEVとしては、ゴルフをベースにした「e-ゴルフ」が数年前から販売されています。「ID.」シリーズは本格的なEV時代に向けて、既存車種の枠にとらわれない新設計のEV専用車種としてスタートしました。

 市販車第1弾は「ID.3」で、新プラットフォーム「MEB」(モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス)を使った後輪駆動の5ドアハッチバック。欧州では9月上旬から納車が始まっています。

 ちなみに、第1弾なのになぜ3なのかというと、「Cセグメント」という欧州基準で小さい方から数えて3番目のクラスにあたること(ゴルフと同クラス。アウディ・A3などのネーミングに近い)に加えて、「ビートル」「ゴルフ」に続く3代目、次の時代の主力モデルという意味が込められています。

フォルクスワーゲン EV ID.4 ID.シリーズ(コンセプトカー含む)

 今回発表されたID.4は、ID.3のSUV版です。MEBプラットフォームを採用し、全長4.58mのコンパクトSUVに仕立てました。ID.3と同様に、EVならではの省スペースな専用設計で、コンパクトサイズでもワンクラス上の広々とした車内空間としています。

 パワートレインは204馬力シングルモーターによる後輪駆動で、空気抵抗を減らした新ボディと合わせて520km(WLTP基準)の航続距離を実現。静止状態から時速100キロまでの加速は約8.5秒、最高速度は時速160キロとなっています。

 最低地上高を21cmに上げ、走破性を高めており、「Hello ID.」という音声コントロール機能やAR(拡張現実)を活用したナビなど、内装や装備も最新仕様です。

フォルクスワーゲン EV ID.4 最新技術満載のコックピット
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン