ニュース
» 2020年09月29日 00時27分 公開

「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」

今後はゲーム終了後も動作する仕様を削除するとのこと。

[ねとらぼ]

 ゲーム「原神」(PS4、PC、iOS、Android)運営チームは9月29日、同ゲームのPC版を巡る“スパイウェア疑惑”について、Twitterと公式サイトで調査結果を報告しました。問題となっていたプログラムはあくまでチート(不正)を防ぐためのものでしたが、結果的にユーザーを混乱させてしてしまったとし、「深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。



原神 アンチチートプログラム(anti-cheat)について(「原神」公式サイトより)

 「原神」は中国miHoYo社が開発し、9月28日午前にサービスを開始した、基本プレイ無料のオープンワールドアクションRPG。問題となっていたのはそのPC版で、ゲームを立ち上げると、アンチチートプログラム「mhyprot2」がバックグラウンドで自動的に起動。ゲームを終了したり、アンインストールしたりしても動作を続ける/mhyprot2を削除しようとしてもアンインストールできない――といった挙動から「スパイウェアではないのか」と不安がる声が広がっていました。


原神 9月28日にサービスを開始した「原神」(「原神」公式サイトより)

 「原神」公式の発表によると、同プログラムはあくまで不正防止のためのもの。ゲーム終了後も起動し続けていたことについては、「ゲームを起動しない隙間を利用し不正プログラムをゲームパッチに植え付けする行為を防ぐため」だったと説明しています。また、不正行為以外でアンチチートプログラムが読み取った情報については、保存やアップロードなど一切行わないとも強調しています。

 ただ、ユーザー側の混乱も考慮し、今後の対応として、お知らせ掲載後30時間以内に、ゲーム終了後も「mhyprot2」が動作する仕様を削除するとのこと。また、mhyprot2を削除しようとしてもできない問題については、「パソコンを再起動すれば、削除が可能となります」と補足しています。

 「繰り返しとなりますが、原神運営チームおよびmiHoYoはあらゆるプレイヤーの個人情報や利益を不当に損なう行為をいたしません。引き続き、皆様からのご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます」(お知らせより)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」