ニュース
» 2020年09月29日 00時27分 公開

「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」

今後はゲーム終了後も動作する仕様を削除するとのこと。

[ねとらぼ]

 ゲーム「原神」(PS4、PC、iOS、Android)運営チームは9月29日、同ゲームのPC版を巡る“スパイウェア疑惑”について、Twitterと公式サイトで調査結果を報告しました。問題となっていたプログラムはあくまでチート(不正)を防ぐためのものでしたが、結果的にユーザーを混乱させてしてしまったとし、「深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。



原神 アンチチートプログラム(anti-cheat)について(「原神」公式サイトより)

 「原神」は中国miHoYo社が開発し、9月28日午前にサービスを開始した、基本プレイ無料のオープンワールドアクションRPG。問題となっていたのはそのPC版で、ゲームを立ち上げると、アンチチートプログラム「mhyprot2」がバックグラウンドで自動的に起動。ゲームを終了したり、アンインストールしたりしても動作を続ける/mhyprot2を削除しようとしてもアンインストールできない――といった挙動から「スパイウェアではないのか」と不安がる声が広がっていました。


原神 9月28日にサービスを開始した「原神」(「原神」公式サイトより)

 「原神」公式の発表によると、同プログラムはあくまで不正防止のためのもの。ゲーム終了後も起動し続けていたことについては、「ゲームを起動しない隙間を利用し不正プログラムをゲームパッチに植え付けする行為を防ぐため」だったと説明しています。また、不正行為以外でアンチチートプログラムが読み取った情報については、保存やアップロードなど一切行わないとも強調しています。

 ただ、ユーザー側の混乱も考慮し、今後の対応として、お知らせ掲載後30時間以内に、ゲーム終了後も「mhyprot2」が動作する仕様を削除するとのこと。また、mhyprot2を削除しようとしてもできない問題については、「パソコンを再起動すれば、削除が可能となります」と補足しています。

 「繰り返しとなりますが、原神運営チームおよびmiHoYoはあらゆるプレイヤーの個人情報や利益を不当に損なう行為をいたしません。引き続き、皆様からのご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます」(お知らせより)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン