ニュース
» 2020年09月29日 15時17分 公開

Google Play、アプリ内課金手数料30%を導入すると明記 手数料の回避を防ぐ規約改定

9月28日にAndroidデベロッパー向けに発表されました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 GoogleはAndroid向けアプリストア「Google Play」で、アプリ内課金金額に応じた手数料を徴収すると、規約改定で明言しました。


Google Playがアプリ内購入手数料30%を導入すると明記 手数料の回避を防ぐ規約改定 Google Playの課金ポリシーを更新すると発表(画像はYouTubeより)

 発表によると、デジタルグッズのアプリ内課金について、アプリ開発者はGoogle Playに対して手数料の支払いが求められます。この規約は新しいものではなく、これまで続いていたポリシーを明確化したものだといいます。

 また、課金ポリシーの明確化の影響を受けるアプリ開発者はわずか3%程度だと言及。過去12カ月間にデジタルグッズを販売したアプリ開発者は、3%未満だったと述べています。

 課金ポリシーの更新に加えて、2021年リリース予定のAndroid 12で、Google Playではないアプリストアの利用を簡単に行えるよう変更すると発表。これまでもAndroidでは、Google Play以外のアプリストアをインストールすることができました。例えば、Google Playから削除されたEpic Gamesの「フォートナイト」は、Epic Games Storeからダウンロードできます。

 なお課金ポリシー更新に伴う、開発者のアプリアップデートの対応は、2021年9月30日までの猶予期間が設けられています。


Google Playがアプリ内購入手数料30%を導入すると明記 手数料の回避を防ぐ規約改定 開発者向けブログで詳細を発表(画像はAndroid Developers Blogより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10