ニュース
» 2020年10月01日 12時30分 公開

先生なにやってんすか 犬型ロボットと出会って機動力を得たリラックマ Twitterに投稿された動画が「キモかわいい」と話題に

ポムポムプリンも乗っちゃう。

[春山優花里,ねとらぼ]

 国民的キャラクター「リラックマ」と犬型ロボットが出会って「機動力」を得た結果を撮影したビデオが、Twitterで「キモかわいい」と話題になっています。

リラックマ 犬型ロボット 機動力 機動力を得たリラックマがキモかわいい(提供:宮下芳明さん)

 話題の投稿は、明治大学の教授である宮下芳明さんによるもの。「機動力を得たリラックマ」と添えられた映像には、リラックマを乗せた犬型ロボットが登場。カメラに向かってシャカシャカと走り寄り、そのまま走り去っていきます。どこいくねーん!

 リラックマを乗せているのは「Unitree A1」というロボットで、最近になって一般向けに販売が始まったばかりの四足歩行タイプのロボット。カメラやジェスチャー認識、追跡能力など、さまざまな機能が搭載されていますが、何よりも重視したのは走行スピード。時速11.88キロという最高速度は、同サイズの犬型ロボットにおいて世界最速であると開発メーカーは自負しています。

リラックマ 犬型ロボット 機動力 カメラの方に向かってくるリラックマを乗せたロボット(提供:宮下芳明さん)
リラックマ 犬型ロボット 機動力 走り去るロボットとリラックマ(提供:宮下芳明さん)

 そんな機動力に特化したロボットの背中に乗ったリラックマ。なんともいえない脱力感のある姿と機敏に走るロボットのちぐはぐな様子が「かわいい」「面白い」と好評で、「高機動型リラックマ」「ボストン・ダイナミックマ」などと組み合わせを表現する人たちも。もしロボットが犬型ではなく「クモ型だったら」と恐ろしい想像をしちゃう人もいました。それはやめろ。

 宮下教授はリラックマのほかに、ポムポムプリンを乗せたVer.とショボーンを乗せたVer.の映像も公開しています。どれも甲乙つけがたいキモかわいさです。

メーカー公式YouTubeチャンネルの映像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」