中学3年の秋、クラスで無視された―――― ボッチで過ごした6カ月間を描いた実話漫画がグサグサくる(1/2 ページ)

読んでいるだけで胃がキリキリする……。

» 2020年10月03日 20時00分 公開
[Tomoねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 あるきっかけで、クラスで無視されるようになり、ボッチ(ひとりぼっち)生活を乗り切った体験を描いた漫画が大きな反響を呼んでいます。作者はネットで漫画を公開している都会(@okameid)さん。

あるきっかけからボッチに……

 都会さんが中学3年生の秋のこと。友達に苦手なことをからかわれて怒ったことがきっかけで、彼女たちは次の日から目も合わせなくなったといいます。嫌がらせや攻撃はなく、空気として扱われるタイプで「マシっちゃマシかもしれないが時期が悪かった」と都会さんは振り返ります。運動会や修学旅行など、学校行事の多い時期だったのです。

 1人でお弁当を食べる場所を探し、親に知られないよう運動会ではボッチに見えないよう工夫し、修学旅行ではクラスメイトの騒ぐ声を聞きながら一人で床につき……そんな中、都会さんは『ナイフ』(重松清)にヒントを得て、精神的なお守りとして父親のタバコの空き箱を持ち歩くようになります。しかし程なく先生に告げ口され、保護者が呼び出されることに。都会さんはその場でクラスメイトから無視されていると伝えるのですが――――。

修学旅行ではクラスメイトの騒ぐ声を聞きながら一人で床に
お守り代わりに持っていたタバコの空き箱を告げ口され……

 クラスという狭い世界から排除され、親も教師も何の力にもなってくれず、中学生活最後の行事の数々を孤立して送るさまは、漫画を読んでいるだけでキリキリと胃が痛くなりそうです。フィクションではないので、胸のすくような決着があるわけではありませんが、都会さんがボッチから解放されたときには、読んでいる方もなんともいえない安堵と開放感に包まれます。もっとも、そのあとの後日談でゾワッとさせられるのですが……。

 漫画には似た経験を持つ人から「最後まで自分と重なりすぎて心が暴れました…泣」「自分の過去を思い出して辛かったけど、自分だけじゃない、とも思えてよかった」と自身と重ねる声が多く寄せられ、また6カ月を耐えた都会さんを「自分の意思を強く持つのは大変だっただろうと思うのと、その強さが羨ましいなと思いました」とたたえるコメントも見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」