ニュース
» 2020年10月05日 13時15分 公開

「めちゃくちゃ笑ったw」「センスが光りすぎてる」 友人と“絵しりとり”したら「思ってたのと違う」展開に発展→34万“いいね”の話題に(1/2 ページ)

圧倒的な画力から衝撃の展開へ。

[Kikka,ねとらぼ]

 友人と“絵しりとり”をした人が、「思ってたのと違う」展開に発展したことをTwitterで報告。34万件を超える“いいね”が集まるなど大きな反響を呼んでいます。

 話題を呼んでいるのは、Twitterユーザーの@IlllIlllIlIlIllさん。最初に描かれたのは「リンゴ」で、「ごま」→「マラカス」→「すな」→「なっとう」→「ウイルス」→「スカート」→「とびこ」→「こま」としりとりは順調に進んでいるのですが、「なっとう」「スカート」といったイラストが見事な画力で描かれている一方、「ごま」「すな」「ウイルス」「とびこ」はすべて“点々”で表現されており、なんともシュールな世界観が広がっています。


絵しりとり 話題になっている絵しりとり

 その後も「まっちゃ(点々)」→「ヤシ(見事な画力)」→「白ごま(点々)」と絵しりとりは続きましたが、さすがにここで心が折れたのか、続いて描かれたのは「マダニ(点々)」。「にぼし粉」→「黄砂」→「山椒」→「ウジ虫」→「塩」→「オールスパイス」と続くすべての絵が点々で描かれるという予想外の展開に発展しました。


絵しりとり

絵しりとり

 これにはTwitterユーザーから「これが噂の ちりとり ですね!」「めちゃくちゃ笑ったw」「センスが光りすぎてる」「『マダニ』のところでキレてる感じが好き」との声が上がっています。

 また他にも「途中のThe 1975でワロタ」とイギリス出身のバンドThe 1975のアルバム「A Brief Inquiry into Online Relationships」のジャケット写真を表現したものに言及する声や、おひつじ座の点の位置が「ちゃんとしてる」と感心する声、「どんなテンションで続けたのかと思ったら納得の時間で笑った」と深夜4時46分の投稿に納得する声も上がっています。

 予想外の方向で話題を呼んだこの絵しりとり。圧倒的な画力を持ち合わせていなくても、想像力さえあればどんなことでも楽しめる気がしますね。

画像提供:@IlllIlllIlIlIllさん

(Kikka)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する