ニュース
» 2020年10月05日 13時15分 公開

「めちゃくちゃ笑ったw」「センスが光りすぎてる」 友人と“絵しりとり”したら「思ってたのと違う」展開に発展→34万“いいね”の話題に (1/2)

圧倒的な画力から衝撃の展開へ。

[Kikka,ねとらぼ]

 友人と“絵しりとり”をした人が、「思ってたのと違う」展開に発展したことをTwitterで報告。34万件を超える“いいね”が集まるなど大きな反響を呼んでいます。

 話題を呼んでいるのは、Twitterユーザーの@IlllIlllIlIlIllさん。最初に描かれたのは「リンゴ」で、「ごま」→「マラカス」→「すな」→「なっとう」→「ウイルス」→「スカート」→「とびこ」→「こま」としりとりは順調に進んでいるのですが、「なっとう」「スカート」といったイラストが見事な画力で描かれている一方、「ごま」「すな」「ウイルス」「とびこ」はすべて“点々”で表現されており、なんともシュールな世界観が広がっています。


絵しりとり 話題になっている絵しりとり

 その後も「まっちゃ(点々)」→「ヤシ(見事な画力)」→「白ごま(点々)」と絵しりとりは続きましたが、さすがにここで心が折れたのか、続いて描かれたのは「マダニ(点々)」。「にぼし粉」→「黄砂」→「山椒」→「ウジ虫」→「塩」→「オールスパイス」と続くすべての絵が点々で描かれるという予想外の展開に発展しました。


絵しりとり

絵しりとり

 これにはTwitterユーザーから「これが噂の ちりとり ですね!」「めちゃくちゃ笑ったw」「センスが光りすぎてる」「『マダニ』のところでキレてる感じが好き」との声が上がっています。

 また他にも「途中のThe 1975でワロタ」とイギリス出身のバンドThe 1975のアルバム「A Brief Inquiry into Online Relationships」のジャケット写真を表現したものに言及する声や、おひつじ座の点の位置が「ちゃんとしてる」と感心する声、「どんなテンションで続けたのかと思ったら納得の時間で笑った」と深夜4時46分の投稿に納得する声も上がっています。

 予想外の方向で話題を呼んだこの絵しりとり。圧倒的な画力を持ち合わせていなくても、想像力さえあればどんなことでも楽しめる気がしますね。

画像提供:@IlllIlllIlIlIllさん

(Kikka)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」