ニュース
» 2020年10月05日 13時50分 公開

10月もKindleストアで『まんがで読破』から10作品が11円に 『カラマーゾフの兄弟』『1984年』『破戒』など

漫画を読んでから、原作・原典を読むとさらにヨシ!

[ねとらぼ]

 世界各国の名作文学を漫画化した文庫シリーズ『まんがで読破』から、10作品が11円になるセールをKindleストアで実施中です。



11円セール ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』はなんと99%オフ

 9月も11円セールが実施されていましたが(関連記事)、10月は対象作品が総入れ替えになっており、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』、ジョージ・オーウェルの『1984年』、島崎藤村の『破戒』、福沢諭吉の『学問のすすめ』など、定価607円〜964円の作品10作が全て11円に。その他の作品も100冊以上(Kindle版のみ)が約20%オフで販売されています。


 『旧約聖書』やマルクスの『資本論』といった原典が少し難しく感じる場合は、漫画から読むと理解がしやすいかもしれません。テスト前に読むのもアリ。

 また、夏目漱石の『こころ』『吾輩は猫である』、太宰治の『人間失格』『斜陽』、芥川龍之介の『羅生門』、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』など近代日本文学作品中心に、「Kindle Unlimited」で読み放題になる漫画が追加されています。「プライムデー(10月13日〜14日)」に関連したKindle Unlimitedの3カ月99円キャンペーンの詳細は、以下の記事にまとめているのでお見逃しなく。


※Kindle Unlimitedのキャンペーンは終了しました。

『漫画で読破』シリーズのまとめ買い


※価格は記事掲載時点のものとなっています

11円の作品












近代日本文学















古文の予習に読むと役に立つ





日本史と世界史で出てくる









世界の名作小説



















教科書に肖像画が載っている人たち














Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.