ニュース
» 2020年10月05日 14時04分 公開

台風14号、勢力強め北上 今週後半、列島に接近の恐れ

今後、発達しながら北上し、「強い」勢力に。台風の進路予想には幅がありますが、沖縄や西日本、東日本に接近する恐れがあります。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

台風14号 発達しながら北上

台風14号

 5日午前9時に日本の南で台風14号が発生しました。ゆっくりとした速度で西へ進んでいますが、今後、進路を北に変える予想です。海面水温の高い海域を北上するため、発達する予想で、8日(木)頃には「強い」勢力になるでしょう。

 台風の進路予想には、まだ幅があるような状況で、予報円(台風の中心が入る確率がおよそ70%のエリア)は、かなり大きくなっています。ただ、台風は暴風域を伴って、沖縄地方に7日(水)から9日(金)頃にかけて接近し、今週末以降は西日本や東日本にも接近する恐れがあります。

荒天の恐れ

 沖縄県の大東島地方では7日(水)から8日(木)頃にかけて、本島地方でも8日(木)から9日(金)頃にかけて荒れた天気となり、海上では大しけとなる恐れがあります。

 また、台風の進路によっては、西日本や東日本でも今週末以降、雨や風が強まり、荒天となる恐れがあります。今後も最新の台風情報に注意が必要です。

台風14号

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.