「かぜの時はお家で休もう」風邪薬の広告に共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」(1/2 ページ)

大切にしたい「当たり前」の感覚。

» 2020年10月06日 19時30分 公開
[関口雄太ねとらぼ]

 電車の中吊り広告として掲示された風邪薬の広告キャッチコピー「かぜの時は、お家で休もう!」に、「当たり前が当たり前じゃなくなっていた」「考え方をアップデートしなくては」など、共感の声が殺到しています。


「かぜの時はお家で休もう」当たり前のメッセージに共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」 画像提供:星見当番(@kaori_stargazer)さん

 星見当番(@kaori_stargazer)さんが「やっと当たり前のことを言ってくれる風邪薬の広告が出る時代になった」と一言添えて、投稿した画像はシオノギヘルスケアのパイロンPLシリーズの中吊り広告。かぜで体調が悪いとき、家で休むのは当たり前のこと。そう考えて受け流してしまいそうなキャッチコピーです。ですが、投稿には共感の声が殺到し、リツイートは5万件を突破し、16万件を超えるいいねが寄せられています。

 これまで、一部の風邪薬では広告コピーに「風邪でも絶対休めない人へ」といった趣旨の言葉が使われ、反発の声が上がっていました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響を受けた社会では、風邪薬の強いキャッチコピーに反対する意見がさらに強くなり、オンライン署名サイト「Change.org」では、特定の企業に向けてキャッチコピーを変更するよう提案する署名に1万2000人が賛同しています。

 新しい社会様式が浸透する中、風邪との付き合い方も変化しています。ねとらぼ編集部はシオノギヘルスケアに広告制作の意図について詳しく聞きました。

キャッチコピーに「かぜの時は、お家で休もう!」を採用した経緯

――広告のコンセプトを教えてください

シオノギヘルスケア:かぜ薬は、かぜの症状を緩和しますが、やはり根本的に治していただくにはしっかり休養いただくこと、栄養を取ることが重要です。今回のキャッチコピーは、かぜの対処として正しいことは何なのか、お客様にお伝えすべきことは何かと考えた時に、自然と「かぜの時は、お家で休もう!」というコピーになりました。

 医薬品を販売する者として、「つらくても我慢する」ことを良しとし、それを助長するのはよくないと考えています。「つらい時は我慢せずにゆっくり休んでほしい」「それでもだめならかぜ薬で緩和してほしい」「そんなやさしい社会になってほしい」という想いを込めました。

――「かぜの時は、お家で休もう!」のコピーはコロナ禍の時流なども意識してのものでしょうか

シオノギヘルスケア:「かぜの時は、しっかり休もうぜ!」というコピーは2019年冬から採用しており、COVID-19流行前から「休もう」という提案はしておりました。

 一方で、COVID-19の流行は、皆様の「働き方」や「感染症に対する意識」も大きく変化させました。今必要なのは、自分のためだけでなく大切な人を守るためにも正しい対処方法をお伝えすることであると考え、「家で休む」というコピーにアップデートしました。

――SNSでの反響についてコメントをお願いします

シオノギヘルスケア:ここまで皆さまに反響いただくとは思っていなかったので大変驚いています。

 寄せられたコメントの中に、「つらくても我慢して頑張ることが当たり前と思っていた自分に気づいた」「つらい時は休める社会になればいいな」「休んでいいよって言われて、はっとした」というような内容を拝見し、今回私たちのコピーを通して「働き方」や「これまでの価値観」に気づく一つのきっかけとしていただけたことに大変うれしく思います。

 少しでも「つらい時は我慢せずに休める、やさしい社会」になるよう願っています。

――広告の掲出場所を教えてください

シオノギヘルスケア:以下の路線で最長で10月17日まで見ることが可能です。

 京浜東北線、根岸線、埼京線、りんかい線、横浜線、南武線、鶴見線、相模線、山手線、常磐線、横須賀線、総武線快速、つくばエクスプレス、中央線快速、中央・総武線各駅停車、京葉線、青梅線、五日市線、武蔵野線、御堂筋線


「かぜの時はお家で休もう」当たり前のメッセージに共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」 シオノギヘルスケアのパイロンPLシリーズ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」