ニュース
» 2020年10月06日 19時30分 公開

「かぜの時はお家で休もう」風邪薬の広告に共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」(1/2 ページ)

大切にしたい「当たり前」の感覚。

[関口雄太,ねとらぼ]

 電車の中吊り広告として掲示された風邪薬の広告キャッチコピー「かぜの時は、お家で休もう!」に、「当たり前が当たり前じゃなくなっていた」「考え方をアップデートしなくては」など、共感の声が殺到しています。


「かぜの時はお家で休もう」当たり前のメッセージに共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」 画像提供:星見当番(@kaori_stargazer)さん

 星見当番(@kaori_stargazer)さんが「やっと当たり前のことを言ってくれる風邪薬の広告が出る時代になった」と一言添えて、投稿した画像はシオノギヘルスケアのパイロンPLシリーズの中吊り広告。かぜで体調が悪いとき、家で休むのは当たり前のこと。そう考えて受け流してしまいそうなキャッチコピーです。ですが、投稿には共感の声が殺到し、リツイートは5万件を突破し、16万件を超えるいいねが寄せられています。

 これまで、一部の風邪薬では広告コピーに「風邪でも絶対休めない人へ」といった趣旨の言葉が使われ、反発の声が上がっていました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響を受けた社会では、風邪薬の強いキャッチコピーに反対する意見がさらに強くなり、オンライン署名サイト「Change.org」では、特定の企業に向けてキャッチコピーを変更するよう提案する署名に1万2000人が賛同しています。

 新しい社会様式が浸透する中、風邪との付き合い方も変化しています。ねとらぼ編集部はシオノギヘルスケアに広告制作の意図について詳しく聞きました。

キャッチコピーに「かぜの時は、お家で休もう!」を採用した経緯

――広告のコンセプトを教えてください

シオノギヘルスケア:かぜ薬は、かぜの症状を緩和しますが、やはり根本的に治していただくにはしっかり休養いただくこと、栄養を取ることが重要です。今回のキャッチコピーは、かぜの対処として正しいことは何なのか、お客様にお伝えすべきことは何かと考えた時に、自然と「かぜの時は、お家で休もう!」というコピーになりました。

 医薬品を販売する者として、「つらくても我慢する」ことを良しとし、それを助長するのはよくないと考えています。「つらい時は我慢せずにゆっくり休んでほしい」「それでもだめならかぜ薬で緩和してほしい」「そんなやさしい社会になってほしい」という想いを込めました。

――「かぜの時は、お家で休もう!」のコピーはコロナ禍の時流なども意識してのものでしょうか

シオノギヘルスケア:「かぜの時は、しっかり休もうぜ!」というコピーは2019年冬から採用しており、COVID-19流行前から「休もう」という提案はしておりました。

 一方で、COVID-19の流行は、皆様の「働き方」や「感染症に対する意識」も大きく変化させました。今必要なのは、自分のためだけでなく大切な人を守るためにも正しい対処方法をお伝えすることであると考え、「家で休む」というコピーにアップデートしました。

――SNSでの反響についてコメントをお願いします

シオノギヘルスケア:ここまで皆さまに反響いただくとは思っていなかったので大変驚いています。

 寄せられたコメントの中に、「つらくても我慢して頑張ることが当たり前と思っていた自分に気づいた」「つらい時は休める社会になればいいな」「休んでいいよって言われて、はっとした」というような内容を拝見し、今回私たちのコピーを通して「働き方」や「これまでの価値観」に気づく一つのきっかけとしていただけたことに大変うれしく思います。

 少しでも「つらい時は我慢せずに休める、やさしい社会」になるよう願っています。

――広告の掲出場所を教えてください

シオノギヘルスケア:以下の路線で最長で10月17日まで見ることが可能です。

 京浜東北線、根岸線、埼京線、りんかい線、横浜線、南武線、鶴見線、相模線、山手線、常磐線、横須賀線、総武線快速、つくばエクスプレス、中央線快速、中央・総武線各駅停車、京葉線、青梅線、五日市線、武蔵野線、御堂筋線


「かぜの時はお家で休もう」当たり前のメッセージに共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」 シオノギヘルスケアのパイロンPLシリーズ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」