ニュース
» 2020年10月29日 11時30分 公開

【母校の謎ルール、教えてください】校則「セーラーの上にブレザーは似合わない」の存在意義が謎過ぎて、いまだに変な感覚になるというお話 (1/2)

考えれば考えるほど分からなくなる……。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から「あなたの学校にあった謎ルール」を聞く連載企画。今回は「存在意義がさっぱり分からなかった校則」について伺いました。

「校則として記載されているのに、禁止するでも強制するでもなく……」



 卒業から30年近くたち、証拠物件(生徒手帳)は手元にありませんが……。

 私が通っていた高校では、女子生徒の制服が夏はセーラー、冬はブレザー。その移行期間(春、秋)には、セーラーの上からブレザーを着る生徒が現れました。

―― 寒暖の調整のために、夏服と冬服を組み合わせるわけですか。

 で、生徒手帳には「セーラー服の上にブレザーを羽織るのは似合わない」という旨の記述があったんですね。

 校則として記載されているのに、禁止するでも強制するでもなく、「似合わない」と書かれていたことに今でも変な感覚を覚えます……。

――― その校則の存在意義とはいったい……。そういう着方をする生徒はどれくらいいたのでしょうか?

 当然、日によって羽織ったり羽織らなかったり……というのはありますが、女子のほぼ全員がセーラーの上からブレザーを羽織っていました。私自身は男で着る機会はありませんでしたが、セーラーの胸元のリボンが色違いのネクタイっぽく見えて、特に違和感もなかったと思います。

――― 禁止もしないし強制もしないし、記載通り「似合わない」わけでもない、と。

 生徒は「この校則、何言ってんだろうね」くらいの笑い飛ばすような軽い気持ちで見ていましたね。教師陣も見て見ぬふりというか、「悪さしてるわけじゃないし……目くじら立てることもないかな?」みたいな状態でした。

――― その校則の存在意義とはいったい……(2回目)。

本企画では取材させていただける方を常時募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.