ニュース
» 2020年10月07日 19時35分 公開

カラー公式「『シン・エヴァンゲリオン劇場版 』6時間説」は「絶対あり得ません」 間違ったウワサを否定 (1/2)

ですよね。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「エヴァンゲリオン」シリーズを手掛けるスタジオカラーが10月7日、「『シン・エヴァ』6時間とか絶対あり得ませんのでご安心を!」と、ネットの一部で広まっていたうわさを否定しました。


 誤解の発端となったのは、シリーズ25周年を祝して10月4日に公式アカウントで投稿されたツイート。投稿には庵野秀明総監督のファンへの感謝のメッセージと共に、公開が控えているシリーズ完結作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」Dパート(最終ブロック)の最新ラッシュ画面の画像が添えられていました。

 この画像には映像尺を表すタイムコードも表示されており、その数値が「05:59:50:00」だったことから、「もしかして5時間59分あるの……?」といった臆測を呼ぶことに。さらに一部まとめサイトなどが「上映時間が6時間と判明か」などとセンセーショナルに伝えたことから、その情報がさらにSNSで広まる事態となっていました。

 カラーはこうした誤解に対して、丁寧な補足説明のツイートを投稿しています。これによると、映画制作では通例として映像が「ロール」単位に分けて管理され、ロール1は「01:00:00:00」、ロール2は「02:00:00:00」といった具合にタイムコードの先頭の数字を割り振っていくと説明。つまり、タイムコードが「05」から始まるからといって、5時間オーバーの映画であるという意味にはならないというわけです。

 この説明に、Twitter上では「そもそもアニメで6時間も動画描いたらアニメーターが死ぬ」「庵野監督ならやるかも・・・と、どこかで思っちゃっていたんだろ〜な〜(苦笑)」「むしろ6時間あってほしい」など、冷静なツッコミから無茶な要望まで、多くの声が寄せられていました。

 なお、25周年記念時に公開されたラッシュ画面には、Dパートの尺が「41分16秒03コマ」であるとの新情報もしれっと明かされていました。仮に過去の「序」「破」「Q」と同様に本編尺が100分前後だとすると、他パートの配分がどのようになるのか。これだけでも妄想がはかどりますね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」