ニュース
» 2020年10月09日 15時20分 公開

リメイクか新作か不明だったアニメ「ひぐらしのなく頃に」、2話で真タイトルが明かされる衝撃展開 「新作ルート楽しみ」と期待高まる(1/2 ページ)

最初のエピソードも「鬼隠し編」ではなく「鬼騙し編」に。この先どうなる……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 10月にスタートしたアニメ「ひぐらしのなく頃に」ですが、8日放送の第2話で、正式タイトルが「ひぐらしのなく頃に」だったと明かされました。つまり、リメイクではなく新作だった……!?


ひぐらし 公式サイトに「業」の文字が追加。なお、各配信サイトでも、タイトルが同様に変更されています

正式タイトル版のPVも公開

ひぐらし 最初のPVでは無印だったタイトルが……

ひぐらし 最新PVで正式に!

 「ひぐらしのなく頃に」は、同人サークル「07th Expansion」のゲーム作品に始まるシリーズ。2006年にテレビアニメ化され、第2シーズンの「解」、OVAの「礼」「煌」、家庭用ゲーム機版の「祭」「絆」など、タイトルに漢字1文字を足す形で関連作品が展開されてきました。

 今回のテレビアニメ版は、発表時点では無印の「ひぐらしのなく頃に」であり、リメイクとも新作とも明言されていませんでした。そしていよいよ公開された第1話は、ストーリー自体は旧アニメ版の第1エピソード「鬼隠し編」をなぞる、リメイク的な内容でした。

 ところが、第2話のアバンタイトルには、旧作では最終盤に登場した重要人物が早々に登場。第1話にはなかったオープニング映像で、初めて正式タイトルの「業」が明かされるサプライズが演出されました。サブタイトルも「鬼し編」になるなど、明らかに旧作を知る視聴者を意識した内容となっています。

 話の大筋こそ旧作と大きくは変わっていませんが、細かな相違点も散見され、いつ新展開が始まるかと油断できない今回の「業」。Twitterでは「リメイクかと思わせて2話から完全新作とか天才すぎ」「新作ルート楽しみ」など、期待する声が上がっています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響