ニュース
» 2020年10月09日 16時45分 公開

パズル雑誌の懸賞品が過去4年間当選者に送られていなかった 晋遊舎が謝罪しあらためて発送へ

外部委託先とのすり合わせ不足と、編集担当者の多忙が主な原因とされています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2016年以来、懸賞品をいまだに当選者へ発送していなかったパズル雑誌があったとして、出版元の晋遊舎が謝罪しました


晋遊舎 当該の本で最古となる、2016年6月発売の『まちがいさがしフレンズ Vol.6』(画像はAmazon.co.jpより)

晋遊舎 晋遊舎の謝罪文(クリックで拡大・全文表示)。執筆時点で、サイトはアクセス集中でつながりにくい状態に

 当該の本は『難問ナンプレフレンズ』や『てんつなぎフレンズ』など6種の雑誌およびムック。社内のコンプライアンス調査により、2016年6月発売の『まちがいさがしフレンズ Vol.6』以来、規定の期間を経過したあともプレゼントが発送されていないケースが多数発覚したといいます。

 同社の編集部門と、外部委託先の編集プロダクションとの間で、発送業務の担当範囲について認識に食い違いがあったのが原因の1つ。編集者が編集作業に忙殺され、発送業務に手が回らなかった点も主要因と説明されています。

 毎日新聞の報道によると、未発送のプレゼントは3600件以上。晋遊舎は対策として新たに発送部門を設立し、これまで編集部と外部委託先で行っていた発送業務を社内で一元化。既に未発送分の発送を開始しているとのことです。

当該する雑誌・企画一覧

  • 『難問ナンプレフレンズ』Vol.11〜14
  • 『まちがいさがしデラックス』Vol.1〜3
  • 『てんつなぎデラックス』Vol.1
  • 『まちがいさがしフレンズ』Vol.6〜10、2017年11月号、2018年2・5・8・11月号、2019年2・5・8・11月号、2020年2月号
  • 『てんつなぎフレンズ』Vol.5〜7、2017年5・8・11月号、2018年2・5・8・11月号、2019年2・5・8・11月号、2020年2月号
  • 『漢字てんつなぎフレンズ』Vol.4〜8、2019年7・10月号、2020年1月号、4月号
  • 合同プレゼントキャンペーン:みんなのフレンズキャンペーン、フレンズでハッピーキャンペーン、てんつなぎフレンズキャンペーン、漢字ジグザグキャンペーン、ハッピークロスワードキャンペーン、フレンズファミリーキャンペーン、てんつなぎフレンズキャンペーン、ナンバーワンキャンペーン、春のスペシャルプレゼント祭り、フレンズありがとうキャンペーン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン