ニュース
» 2020年10月09日 23時16分 公開

「しょうがないのひとことでは、すまね〜ぞ、ころな!!!」 つば九郎&ドアラ、毎年恒例「マスコットディナーショー」中止に悲しみ

無念……!

[のとほのか,ねとらぼ]

 東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」と中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」が、10月9日に悲しいお知らせをブログで報告。毎年オフシーズンに開催している「つば九郎&ドアラwithマーくん・ハリーホークディナーショー」の中止を涙ながらに伝えています。コロナァ……。


 ディナーショーは、つば九郎やドアラをはじめ、千葉ロッテマリーンズのマスコット「マーくん」、福岡ソフトバンクホークスのマスコット「ハリーホーク」がトークショーなどを行うイベント。毎年オフシーズンに開催しており、2019年12月から2020年1月にかけて行われた前回は、全6公演で2700人を超える来場者となっていました。


 しかし、今回はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大防止の観点から中止に。ディナーショーオフィシャルブログは、「楽しみにしてくださっていたファンの皆さまには大変申し訳ありませんが、ご理解頂けますと幸いです」と伝えています。

 これを受け、つば九郎もブログを更新。中止が決定する直前まで台本の構成や球団関係者との話し合いを進め、どうにか開催できるよう、務めたとのことですが、「こうせざるをえませんでした」「ますこっとも、たのしみにしていました」と悔しさをにじませながら中止を報告しており、「しょうがないのひとことでは、すまね〜ぞ、ころな!!!」と怒りをぶつけています。

 また、ドアラも「ディナーショー…公演中止が決定みたいです」「すんません」と悲しみを吐露。ハリーホークもTwitterで、「とても残念ですが中止となります! ごめんなさい!! 次回復活した時は、みんながもっと笑顔で元気になるようパワーアップして開催したいと思います!」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.