ニュース
» 2020年10月10日 11時30分 公開

息子が殺人犯でも被害者でも“最悪” 映画「望み」で描かれる家族の生き地獄 (1/4)

逃げ場のない家族の生き地獄映画「望み」の魅力を解説する。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 10月9日より映画「望み」が公開されている。結論から申し上げれば、「逃げ場のない家族の生き地獄映画」を見たい方には、大プッシュでおすすめできる作品であった。

息子が殺人犯でも被害者でも、最悪。映画「望み」で描かれる家族の生き地獄。 (C)2020「望み」製作委員会
「望み」本予告

 原作小説を手掛けたのは「犯人に告ぐ」や「検察側の罪人」も映画化されたベストセラー作家の雫井脩介で、脚本をアニメ映画版「時をかける少女」や「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子が担当している。

 その盤石の布陣に見合うだけの、極めて完成度の高いサスペンスエンターテインメントになっていたのだ。さらに具体的な魅力を、以下に記していこう。

「どっちに転んでも最悪」の理由

 スタイリッシュな高級邸宅に住む家族の生活は、その日から一変した。以前から遊び仲間が増え無断外泊が多かった高校生の息子が、家を出たきり帰ってこなくなり、連絡すら途絶えてしまったのだ。そして、息子の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察によると、息子が事件に関与している可能性が高いと言うのだが……。

 この物語が恐ろしいのは、「行方不明の息子が事件に巻き込まれた」ことそのものではない。「息子が殺人を犯した加害者なのか」「息子が殺された被害者なのか」ということがはっきりしないまま、家族が生き地獄そのものの時間を過ごすことだ。

 殺人事件の最中で行方不明となった少年は計3人で、そのうち犯人とみられる逃走中の少年は2人。分かっているのはそこまでで、息子が「殺した側なのか」「殺された側なのか」という最も重要なことが判然としない。そして、息子からの連絡が途絶えたまま時間が経過し、その2つの可能性しかあり得ない状態になっていく。

息子が殺人犯でも被害者でも、最悪。映画「望み」で描かれる家族の生き地獄。 (C)2020「望み」製作委員会

 それでも不確定な要素は多いのだが、ネットの掲示板やSNSでは勝手に息子を殺人犯だと断定する誹謗中傷が書かれ、家にはマスコミが容赦無く押し寄せる。これだけでも過酷だが、さらにつらいのは母親が「息子が殺人犯であろうが生きていてほしい」と願うのに対し、父親と中学生の娘は「息子は殺人犯ではない」と願う、というよりも「被害者で死んでいたとしてもしょうがない」とも思ってしまうことだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.