ニュース
» 2020年10月10日 00時00分 公開

岡山市「桃太郎電鉄」のオンライン謎解きゲームをスタート 桃太郎ランドの謎に2人プレイで挑め

名産の白桃ジュースが当たるキャンペーンも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「桃太郎電鉄」のオンライン謎解きゲーム「桃太郎ランドからのナゾの招待状!の巻」を、岡山市が観光PRの一環でスタートしました。謎解きを通じて、桃太郎ゆかりの町岡山の魅力を伝える試みです。


桃鉄 最新作「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」とコラボ

 11月19日にNintendo Switch向けに発売される最新作、「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」とのコラボ企画。プレイヤーは岡山の名物物件「桃太郎ランド」のパーティーで、桃太郎の伝説や観光地、名産品にまつわる謎に、2人1組で挑むことになります。

 遊ぶには筆記用具(メモ用紙とペン)に加え、プレイヤー1人につき1台の端末(PC、スマホ、タブレットのいずれか)が必要。離れていても、ビデオ通話等を使ってリモートで遊ぶのもアリです。

 参加者の端末にはそれぞれ異なるヒントや謎が表示され、互いに情報を共有して解くのが醍醐味です。難易度は初級・中級・上級の3段階があり、それぞれタイムアタックが可能。


桃鉄 出題例。解くには情報の不足分をパートナーに聞いて補う必要がある

桃鉄 難易度ごとに異なるキャラクターが登場。初級編はイヌ・サル・キジ

桃鉄 中級編は夜叉姫・金太郎・浦島

桃鉄 そして上級編は貧乏神とキングボンビー。新デザインでギャップが恐ろしいことに

 12月31日までは、Twitter連動のプレゼントキャンペーンを実施。ハッシュタグ「桃太郎のまち岡山」を付けて感想やクリアタイムをツイートすると、抽選で30人に岡山産の白桃を使用したジュースが当たります。


桃鉄

桃鉄 おいしそっ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する