連載
» 2020年10月11日 21時00分 公開

意味がわかると怖い話:「笑うテディベア」(1/2 ページ)

深夜の笑い声。

[白樺香澄,ねとらぼ]

 ひとたび気づくと、なにやら違う光景が見えてくる……「意味がわかると怖い話」を紹介する連載です。

意味怖

「笑うテディベア」

 新婚のY美さんの夫には、大事にしているクマのぬいぐるみがあった。

 一見、普通のテディベアだが、センサーとスピーカーが内蔵されていて、おなかを触ると笑い声をあげる、なかなか愛嬌のあるおもちゃだった。小学生のときの誕生日プレゼントで、何度か修理してもらっているそうで今でもちゃんと動く。新居ではリビングの棚に飾っていた。

 ふたりが新婚旅行から帰って1週間ほど経ったある日、夫のT哉さんが出張で2日間、家を空けた夜のことだ。真夜中、Y美さんはけたたましい笑い声に目を覚ました。

 キャハハハハハハハハハ

 ぬいぐるみの声だ。何かの拍子にセンサーが誤作動したらしい。びっくりした……Y美さんは、その晩は特に気にも留めずに再び眠りについた。

 だが次の夜も、Y美さんはぬいぐるみの笑い声に起こされた。2晩続くと、さすがに少し気味が悪い。声を止めるために、起き出して「それ」をしてからY美さんは床についた。

 昼間になると怖い気持ちも薄れ、「出張に連れて行ってもらえなくて拗ねてるのかな」なんて思えるようになった。帰って来たT哉さんにぬいぐるみのことを話し、一度見てもらおうということになった。

 そして夜。またY美さんは笑い声に目を覚ました。彼女はハッとしてリビングに向かった。

 キャハハハハハハハハハハハハハ

「Y美が言ってた通りだね。ちゃんと直してもらわなきゃ」

 起き出してきたT哉さんが言う。Y美さんは振り返り、震える声で「それ」を夫に告げた。

「この子……電池入ってないのに笑ってる」

 前の晩、もう笑い声に起こされないようにとぬいぐるみの電池を抜いたのだ。

 パニックを起こすY美さんをT哉さんが何とかなだめた翌朝のこと、近所に住むT哉さんの姉のM子さんから電話があった。

 何事か話し込んでいるうちに、T哉さんが怒り出した。

「馬鹿なこと言ってんじゃねえよ。もう切るからな」

 M子さんは、T哉さん曰く「少々過保護なほど」弟を可愛がっていて、T哉さんもお姉ちゃん子だったので、彼女にそんなに語気を荒げるのを見たのは初めてだった。

 T哉さんは電話を切って「何でもない」と言うと、メーカーに持って行くからとぬいぐるみを抱えて出ていってしまった。

 夫の異様なさまにY美さんが唖然としていると、スマートフォンが鳴った。M子さんが、今度はY美さんの方にかけてきていた。

『家で何か変なことが起こってるでしょう?』

 電話に出た途端、そう言われてY美さんは絶句した。

『知り合いの霊能者の先生から電話があってね、「弟さんの身に危険が迫ってる」って言われたの。家の中の動物のカタチをしたモノに、悪い霊が入り込んでるって……ほら、T哉が大事にしてるぬいぐるみがあったでしょ? あれのことじゃないかしら』

 M子さんの声には、鬼気迫るものが感じられた。

『霊能者の先生が言うにはね、霊がモノの中にいるうちにお焚き上げした方が良いって。だからすぐ、ぬいぐるみをうちに送ってほしいの。さっきT哉にそう言ったら、「馬鹿なこと言うな」って怒られちゃったけど……私、ふたりが心配で』

 M子さんに、ぬいぐるみはT哉さんが持って行ってしまったと伝えると、彼女は狼狽した様子で、何とか送ってくれるよう説得してほしいと念を押された。

 言われるままに、Y美さんは何度かT哉さんに電話したが、電源を切っていてつながらなかった。「危険が迫っている」というM子さんの言葉を思い出し、事故にでも遭ってないかと気が気でなかった。

 夕方、知らない番号から電話があった。電話口の相手は、玩具会社の修理センターの者だと名乗った。T哉さんが今日、ぬいぐるみを持ち込んできた件で話があるという。

『改造されたのはご本人様ではないのですね?』

 男性は、ぬいぐるみの電源回路が一部延長され、予備電池につながっていて、メインの電池を抜いても稼働するようになっていたと説明した。

「でも一体誰が、なんでそんなことを?」

 戸惑うY美さんに電話口の男性は、

『それなんですが、実は電池と一緒に……』

 

 ――ピンポーン。呼び鈴が鳴った。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」